FC2ブログ
2016/04/17

■ 野鳥撮影

 2016年4月17日(日)、家の裏の唐松林にバードフィーダーを取り付けてから今日で9日目。最初の2日間はまったく寄り付かなかったが、最近は、ヒヨドリ(全長27.5cm体重70g)、シジュウカラ(14.5cm16g)、カワラヒワ(14.5cm23g)、ヤマガラ(14cm17g)、キジバト(33cm250g)などが頻繁にやってくるようになった。

 パンを入れておくとヒヨドリが餌台を独占している。2階の窓から望遠レンズで撮影。距離は約8m。羽まできれいに撮れた。

hiyodori160417

 たまにシジュウカラが餌台に来ると、近くの木にとまっているヒヨドリがやって来て追い払う。そこでパンを置くのを止めると、カワラヒワがやって来た。黄色い羽根がきれいだ。

kawarahiwa160417

 近くの枝にヤマガラが止まって餌台の様子をうかがっている。でもなかなか慎重で餌台まで飛び降りない。

yamagara160417

 パンがないとヒヨドリの回数がぐっと減ったが、今度は更に大きいキジバトが幅を利かせるようになった。時々外に出て追い払っているが、なかなかうまくいかないものだ。

kijibato160417

 気を取り直して、今度はカメラを1階のデッキにセットして近距離(約4m)で撮影する。シャッターはリモコンで2階の部屋から押している。距離が近いとより鮮明な写真が撮れる。シジュウカラのきれいな羽毛が良く見える。

sijukara160417

 この間に少し離れたところで、初めて見つけたシメ(18cm50g)を撮ることができた。

sime160417

 これで22種類の野鳥を撮影することができた。

【追記】

 午後4時過ぎに、ピントが少しあっていないが、カワラヒワの仲間同士が争うこんなショットが撮れた。

kawarahiwa16041703

 餌台を独占しようとして数匹の争いが始まる。

kawarahiwa16041704

 写真を見ている限り、カワラヒワの性格は結構きつそうだ。

コメント

非公開コメント