FC2ブログ
2016/03/30

■ 太陽光パネル問題

 2016年3月30日(水)、今朝のTV番組「羽鳥慎一モーニングショー」で、乱立する北杜市の太陽光パネル問題が取り上げられていた。住宅のすぐ側での設置で、景観の変化や、温度の上昇、雨水の流れ、などの問題が起こり、訴訟にまでなっているところもあるらしい。これだけ目につくところに設置されると、近くの住人とトラブルになるのは当たり前だと思う。

 我が家の近くの道路脇にもパネルができて、そのパネルが道路まではみ出しそうなので、走行している車が見えなくなり、この道路に出ようとするときは非常に危なくなっている。

paneru160330

 北杜市は日照時間が日本で一番長く、太陽光発電システムにはとても向いているところだ。移って来たころはもっと活用すればいいのにと思っていた。しかしこの1~2年の乱立には閉口してしまう。しかもこれから今までの3倍になる計画があるらしい。これはとんでもないことになりそうだ。

 自然の景観が売り物の八ヶ岳南麓が気に入って他県から移住してきた人は多いはずだ。我々もそのうちの一人だ。その売り物の自然が破壊されることにまったく無感心なのは地元の行政だったとは驚くばかりだ。

 自然の景観や、周りの住民への影響など、わからない部分が多い場合は、まず住民の生活を最優先し厳しい規制をかけるのが先決で、影響が少ないようなら徐々に規制を緩和していけばいいはずだ。規制が緩いまま許可を出し、乱立してしまってから規制を考えるのでは順序が逆ののように思える。行政はいったい誰のためにあるのだろうか。

 今からでも遅くないので、自然の景観を壊すような開発や、住民とのトラブルが発生しそうな開発などには、一旦立ち止まって、問題をよく整理してから、住民の意見と北杜市の将来を優先して規制を考えてほしい。こんな景色がパネルだらけになる前に。

yatugatake160330

コメント

非公開コメント

北杜市のソーラーパネル問題

はじめまして。北杜市のソーラーパネル問題、同意致します。

まかぱぱさん

> はじめまして。八ヶ岳南麓の景色が変わりそうで心配です。
いつもおいしい情報ありがとうございます。