FC2ブログ
2015/07/16

■ 小荒間の話題5

 2015年7月16日(木)、今日は昨日までの天気と打って変わって、朝から雨が降っている。台風の影響だろうか時々強く降ってくる。でもまだ風は強くない。雨の中、朝の散歩に出かけたが、強い雨になったので建物の中に一時避難。

amayadori150716

 4~5分で小雨になったので散歩を再開したが、帰り道にまたひどく降って来たので、同じ場所で休憩する。雨の中のごろすけとの散歩は3倍疲れる。

 今日も「・・・小荒間高原を歩く」の小冊子からの話題を紹介する。

 甲斐小泉駅を出てすぐの道路を西へ歩くと、小荒間小戦場跡が見えてくる。「1540年2月、信濃の村上義清の軍勢1500余人が小荒間に押寄せ、近郷を焼き払ったので、武田晴信(信玄20歳)は旗本を率いて信濃勢と戦い、勝利を得ました。古戦場には今も御座石、遠見石、鞍掛石などがあります」とある。その石がこちら。

kosenjyouato gozaisi150716

toomiisi150716 ankakeisi

 周辺一帯からは「鏃」や「仏像」「刀」などが発掘されたらしい。ここから信玄の軍用道路といわれるようになった「棒道」が続いているが、この棒道を少し行ったところに「富蔵山公園」がある。この公園は、この戦いで死んだ沢山の馬のために、馬頭観世音菩薩を祀って冥福を祈った場所と書いてあった。

tokurasan150716

 今から475年前に、この辺一帯が壮絶な戦いの場だったとは想像もつかない。

コメント

非公開コメント