FC2ブログ
2011/06/21

■ チェスキー・クルムロフ

 2011年6月17日(金)、今日は、チェスキークルムロフを観光して、その後ウィーンまでバスで行く予定になっている。朝早くスーツケースを出して、朝食を食べ、ホテルを出発。北海道の景色のような田園風景を見ながら、3時間程度でチェスキークルムロフに到着した。ここも道路が狭いので歩きながらの観光だ。(写真はチェスキークルムロフの街並み)

chesuki110622

 まずは城を目指して登っていくと、下の街並みが見えてきた。写真で見た光景だ。赤い屋根に白い煙突、パステルカラーの壁、大きく蛇行して流れる川、まるでおとぎの国を見ているようだった。
 城内の広場では沢山の出店が出ていた。小さな女の子もお店を手伝っている。みんなとても楽しそうにしていた。そこから少し下って、小さな橋を渡ると中心街に出てくる。(写真は城壁から見た街並みと、石畳の路地)

chesuki02110622

chesukimati110622

 本日はここで昼食。料理は肉料理に野菜やライスが添えられている。なかなかおいしい。勿論ビールも飲んだ。その後は自由時間なので小さな街を散策。パステル色の壁のかわいいお店がいっぱい並んでいる。細い路地が入り組んだ石畳の雰囲気のある街並みだった。

 そして、チェコのチェスキークルムロフを後にして、一行はバスでオーストリアのウィーンへ向かう。国境ではゲートらしきものがあったが、バスも止らず素通り。何のチェックもない。ウィーンのホテルには18:00に到着。

 流石にウィーンは洗練された都会の感じだ。ホテルの目の前がオペラ座で、どこへ行くにも便利で豪華なホテルだった。部屋で少し休んでから、夕食に近くのワインセラー「アウグスティーナーケラー」へ。オーストリアは白ワインが有名だ。特に「ホイリゲ」と呼ばれる今年獲れた新酒のワインがおいしいらしい。料理はオーストリア名物のシュニッツェルを食べた。ビーフカツレツだが、薄くて大きい。レモンをたっぷり掛けて食べるので、味はサラッとしている。新酒のワインもすっきりした味でとてもおいしかった。

 すぐ近くに「ザッハー・トルテ」で有名なカフェがあったので帰りに寄ってみた。夜だったせいか店内はがらがらだ。ザッハー・トルテ(チョコレートケーキ)とコーヒーを注文。ザッハー・トルテは余りにも甘くて全部食べるのに苦労した。(写真はザッハートルテと、お店のメニュー)

blog_import_4e394d32257be.jpg zahatortemenyu110622

 オペラ座では、外の壁の大きなスクリーンで、中の公演の様子を映し出しているので、その前には沢山の人が座って見物している。もう21:30なのに、まだ外はほんのり明るい。(写真はオペラ座前の人々)

operaza110622

コメント

非公開コメント