FC2ブログ
2010/12/30

■ TV視聴準備

 2010年12月29日(水)、年末年始の休みを八ヶ岳で過ごす予定なので、朝の5時過ぎに家を出発した。年末の渋滞が予想されたがまったく渋滞はなし。途中、関が原付近で雪になったが、年末にスタッドレスタイヤに交換しているので問題なく進行。車も四輪駆動なので快適だ。2回の休憩をしたが10時前に到着。早く到着したので長靴を買いにアウトレットへ行ってみた。気に入ったものがないので諦めて「道の駅」で少し買い物をし、昼食を食べてから家に向かった。

 1ヶ月ぶりだったがまったく異常はなし。水道凍結防止のため、深夜電力利用の蓄熱暖房機がついたままなので、家の中もほのかに暖かい。前日に雪が降ったらしく、日陰には大分雪が残っていた。屋根の雪が解けて水が勢いよく落ちてきている。今回も車一杯に積んだ荷物をまずは降ろす。22インチのTV、室内用アンテナ、3束の薪、木製の台、ハンガー用パイプ、冬物衣料などだ。良くこんなに積んだものだと思うほど荷物が多かった。

雪の朝

 話は変わるが、この付近に別荘や、セカンドハウスとして家を持っている人にとって、テレビ視聴環境は最悪だ。高い費用を使って屋根にアンテナを出しても、地デジはNHKと民放2局しか映らない。やっと昨年9月に一部の地域で、フレッツ光が開通したが、インターネットのみで、テレビ視聴はやっていない。そうなるとケーブル放送(山梨県はケーブル放送加入率が全国第一位)になるが、この付近はNNS甲府CATVに加入しなければならない。初期費用に10万円を超える費用が必要だ。JCOMのような初期費用割引のようなキャンペーンはない。それでも毎日視るのであれば我慢して加入するのだが、月に数日しか視ないのに、高い初期費用と毎月の支払いはもったいない。

 ということでTVを視るのを諦めていた。しかし、カーナビの地デジが車庫に入っても良く映るので、室内アンテナでも視聴可能なのではと考え、高感度地デジ専用室内アンテナを購入することにし、合わせて22インチのテレビも購入して持ってきた。なにしろ室内アンテナで視聴可能かどうかは、テレビに取り付けて見ないと分からない。無駄になるといけないので、テレビは地デジのみで衛星放送チューナーなしの安いものをネットで購入。衛星放送は、パラボナアンテナが別途必要なので諦めた。パラボナアンテナは、引っ越したときにケーブル放送を契約すると、不要になるので勿体ないし、工事費もバカに出来ない。
 こんな事情なので早速取り付けて視聴確認したかったが、アンテナケーブルが1本不足で繋がらないことに気がついた。後ほどJマートで購入するまでお預けだ。

 他にも買いたいものがあったので、メモしてJマートに向かった。焚き付け用の細めの薪、ドライバー、アンテナケーブル、作業用長靴などを購入し、帰り道にいつもの「ひまわり市場」に寄って夕食の食材を買って帰った。
 ひまわりでは、入口に新巻鮭が数本ぶら下げて販売されていた。久しぶりに見た光景なので、思わず携帯電話のカメラでパチリ。これを基に絵を描こうと思っている。

 家に着いてから早速テレビに室内アンテナを取り付け、チャンネルを合わせると、なんと見事に映った。大成功!!。ホッとした。しかも室内アンテナは、テレビの裏の床に置いているだけなのに、とてもきれいに映っている。電波が相当強い地区なのだ。

コメント

非公開コメント