FC2ブログ
2013/11/18

■ 諏訪大社の樹木観察会

 2013年11月17日(日)、八ヶ岳自然文化圏主催の「諏訪大社上社の神社林と周辺の樹木観察」会に参加してきた。8:30に集合してバスで諏訪大社に移動し観察後15:00に戻って来た。講師と主催者と参加者合計20数名のグループだった。一番印象に残ったのは「ヒメバラモミ」の木だ。日本特産種で現在では八ヶ岳のほか限られたところで1000本足らずしかない貴重な木らしい。

himebaeamomi

 諏訪大社上社に着くと神社林と裏山の樹木を観察する。所々で講師が説明してくれる。ここは160種の樹木と420種の植物群が同一箇所で見られる珍しいところらしい。

suwataishakansatu

 山道の途中では講師が白板に説明を書き置いていてくれる。

jumokukoushukai1 jumokukoushukai2

jumokukoushukai3 jumokukoushukai4

 昼食はコースの途中で諏訪の町は勿論、諏訪湖・北アルプス・車山・八ヶ岳などが見渡せる展望台で持ってきた弁当を開けた。

tenboudai

 坂を上ったり下りたりの6kmのハイキングになったので結構疲れた。でも勉強になった1日だった。


コメント

非公開コメント