FC2ブログ
2005/10/29

■ 土地購入

 2005年9月、色々調べているうちに、現地を見たくなってきたので、3連休を利用し、観光もかねて八ヶ岳へ行くことにした。今回は以前に泊まったダイワロイヤルホテルをやめて、少しでも現地の事情がわかりそうなペンションに泊まる。八ヶ岳はペンション銀座らしく、沢山のペンションがあるので予約は簡単だった。みんな儲かっているのかしら。
 事前にインターネットで土地の情報を調べると、随分沢山の物件があるようだ。価格もそんなに高くない。でも希望の土地のイメージを、あらかじめ準備してから紹介してもらわないと、その場の雰囲気で思いもよらぬ物件を買ってしまい、後で後悔する場合もあると本に載っていたので、具体的に考えてみることにした。
 
 広さは100坪程度(このあたりからすると狭いかな)、林間、標高1,000m以内(1,000mを超えると冬の厳しさがより一層増すらしい)、平坦地、上下水道完備(都会ではあたりまえだが)、舗装道路、交通至便(車の運転が難しくなった時を考えて)、完全な別荘地ではなくできれば近所に農家あり(この方が楽しそう)・・・など、ちょっと欲張りな条件を決めてから、土地紹介不動産の4社に予約を入れた。

 最初からこちらの希望を具体的に伝えると、紹介が偏ることも考えられるし、何よりも販売攻勢がいやだったので、今回は見るだけですと説明してから案内してもらった。紹介された土地は、奥地、湿った地域、変形な土地、急勾配、細い道路、下水道なし、建築条件付など、希望に合う物件がなかなかない。それでも色々な物件を見ることができた。

 最後にR社から紹介を受けた甲斐小泉駅付近の物件は、唐松林の中にあり、雰囲気がとても良く、平坦で、上下水道完備。広さは120坪。すぐ近くに農家も点在している。前の道路は舗装されて、降雪時には除雪車が入るらしい。(写真は物件の様子)

 条件があまりにも希望に一致するので、妻も私も大変気にいった。R社の社長と別れ、近所の蕎麦屋で昼食を食べていると、社長から電話がかかってきた。「その土地は一人が気に入って検討中だが、資金の準備に手間取っているらしい。すぐに手付金を払えば契約が可能」とのこと。本当かどうか疑問だったが、二人とも、とても気に入った土地だったので、食後にR社の事務所に戻り、手付金を払って仮契約した。
オー!見るだけのつもりで来たのに、こんな簡単に契約していいのかしら。

2005年10月、甲斐小泉駅付近の土地120坪を正式に購入。土地の登記も完了して、晴れて我が土地となる。家は2011年完成の予定で、今後じっくり考える計画。

コメント

非公開コメント