FC2ブログ
2019/07/01

■ ベルニナ線

 2019年6月25日(火)、旅の5日目は、ティラノ駅まで行き、そこから世界遺産のベルニナ線でループ橋を通って、スイスのポスキアーポまで列車に乗り、その後はガンドリアを散策し、ルガーノ湖をクルーズ、そしてミラノへ向かう盛りだくさんのコースだ。忙しい一日になりそうだ。(写真をクリックすると大きな画像で見れる)

 今朝はベルニナ線の10:40発の列車に乗るため朝が早い。朝食は6時半。色とりどりの椅子がイタリアらしい。

レストラン190625

 今朝は豆料理があった。うれしい。

朝食190625

 ホテルのロビーのTVでは、ミラノ・コルティナの冬季オリンピック開催決定のニュースがまだ流れていた。

TV190625

 バスはホテルを7時に出発。途中でトイレ休憩のためSAに立ち寄る。

ドライブイン19062501

 お店では甘いクロワッサンが山のように積まれていた。

ドライブイン190625

 ホテルを出て約4時間でティラノ駅に到着。

ティラノ駅190625

 箱根登山鉄道と姉妹鉄道になっているようだ。

駅表札190625

 この列車はスイスのサンモリッツまで行くが、我々は途中のポスキアーポ駅まで40分だけの乗車だ。

ベルニナ線190625

 列車は道路と同じようなところも走っていく。

ベルニナ線19062502

 出発してからすぐにループ橋が見えてきた。この下を通ってから大きく左へ廻って、この橋の上を進んでいく。

ループ橋190625

 スピードはあまり出ていないが、あっという間に通りすぎた。

ループ橋19062502

 間もなくすると、今度は右にポスキアーポ湖が見えてきた。

ポスキアーポ19062502

 次の駅で降りてバスで少し戻り、昼食だ。レストランにはスイスの旗があげられている。ここはもうスイスなのだ。

レストラン19062502

 中は洞窟のような感じで、イタリアの雰囲気と随分違う。

昼食190625

 メニューは、サラダに、ピッツォケリ(そば粉のパスタ)、それにフルーツだ。スイスに入った途端味が合わない。でも、添乗員の人が食事の度に、日本から持ってきた醬油やおろしポン酢、2種類のドレッシングをみんなに渡してくれたので、美味しい食事になった。

サラダ19062502 ビール19062503
ソバパスタ190625 フルーツ190625

 レストランの目の前がポスキアーポ湖。きれいな眺めだ。

ポスキアーポ湖190625

 この後はバスでガンドリアへ。3時間半で到着。ルガーノ湖の湖畔の急斜面に、貼りつくように家々が並んでいる小さな村だ。この村を少しの間散策する。

ルガーノ湖19062505

 家の間の狭い道を湖畔沿いに歩いてみた。

ガンドリア19062504

 こんな陶器を売っている小さなお店が1軒だけあった。観光客は我々だけでまだあまり知れ渡っていないところのようだ。

陶器の店190625

 歩いている途中で、時々下の家の屋根が現れる。

ガンドリア190625

 猫がのんびり昼寝をしていが、起こしてしまったか。

ネコ190625

 ここの桟橋からルガーノまで遊覧船に乗って移動。湖畔に別荘やホテルが並んでいる。

ルガーノ湖19062506

 30分ほどでルガーノへ到着。きれいな街だ。

ルガーノ湖19062507

 スイスのルガーノからはバスでミラノへ。1時間半でホテルに到着した。

ホテル190625

 夕食はホテルのレストランだった。メニューは、ペンネのアストリチャーナ、ビーフ、フォークが刺さって出てきたケーキ。

アストリチャーナ190625
ビーフ19062506 ケーキ190625

 部屋は普通に広い。今日からこのホテルに連泊するので広い部屋で助かった。

ホテル19062503

 イタリアのホテルではバスタブがなくシャワーだけのところが多いが、ここもシャワーだけだった。

ホテル19062502

 今日もいい天気で、気温は30℃まで上がり暑かった。明日もいい天気で暑くなる予報が出ている。

コメント

非公開コメント