FC2ブログ
2019/06/30

■ コルティナダンペッツォ

 2019年6月23日(日)、今日からこのツアーのハイライトの一つドロミテ街道を廻ることになる。天気予報は晴れ時々曇り。いい天気のようで良かった! 気温は23℃くらいになりそうだ。あまりなじみのない山々が多いので地図上に写真を張り付けてみた。(写真をクリックすると大きな画像で見れる)

ドロミテ山々190623

 毎朝同じような朝食だが、チーズが美味しい。

朝食190623

 今日もこのバスで峠を登っていく。

バス190622

 ホテルを出てしばらくすると、バスの中から雪が残る山々が見えてきた。

どろみて190623

 ジアウ峠に到着。ここは標高2,236m。気温は15℃くらいだが、日差しがきついので暑い。目の前にグセラ山(2,595m)が聳えている。

グセラ190623

 東を見ると遠くにソラピス山などが見えている。絶景だ。

ソラピス190623

 この峠は自転車やバイク・車で賑わっているが、観光バスは我々だけだ。これから増えてくるだろうと言っていた。

ジアウ峠190623

 この山小屋のカフェでエスプレッソを飲んだ後、バスはミズリーナ湖に向かう。

カフェ190623

 ミズリーナ湖には1時間ほどで到着。最初に昼食だ。ホテル・ラヴァレードのレストランは目の前がミズリーナ湖で、席からトレチーメ山が見える絶好の場所にある。

昼食190623

 メニューは、サラダ、トルテリーニ、マス、デザートはクロスタータ。美味し~い。

サラダ190623 トルテリーニ190623
マス190623 クロスタータ190624

 勿論ドロミテの地ビールも。旨~い。

地ビール190624

 昼食の後は、ミズリーナ湖を1時間半の散策だ。残念ながら青空の下ではないが、素晴らしい景色だ。

ミズリーナ湖19062304

 もう少しズームアップして見る。背景に聳えるのはソラピス山(3,229m)。すぐ近くに見えるが直線距離で6kmも離れている。

ミズリーナ湖190623

 反対側にはトレチーメ山(2,999m)が大きく見えている。トレッキングで人気の山だ。

トレチーメ190623

 近くに食品スーパーがあったので寄ってみた。チーズの試食をさせてもらい、美味しいので真空パックにしてもらった。

スーパー190623

 ここからコルティナダンペッツォのホテルまで30分で到着。ホテルは街の中心地にありとても便利なところだ。このツアーはコルティナだけがスタンダードのホテルで、それ以外は4つ星のスーペリアクラスの予定だったが、コルティナでも4つ星のホテルになったので、これですべてのホテルがスーペリアクラスになった。ラッキーだ。

アラスカ190623

 ロビーには暖炉が置いてある。山の雰囲気一杯のホテルだ。

アラスカロビー190623

 部屋も2部屋あってゆったりできる。快適だ。

ホテル部屋190623

 チェックインしてから街をぶらぶらしてみた。すぐ近くに街のシンボルの教会がある。

教会190623

 その前の通りがメインストリート。小さな街だ。

中心街190623

 市庁舎に2026年冬季オリンピック誘致の弾幕がでていた。実はこの日の夜にミラノ・コルティナのオリンピック開催が決まったのだ。街では大騒ぎのようだったが、我々はホテルでぐっすりだった。

市庁舎190623

 この日の夕食は唯一フリーだったが、添乗員の人から一緒に行きませんかと誘われたので、19人でイタリアンの店に。料理を数人でシェアして色々食べたかったのでちょうど良かった。レストランはすぐ近くのリストランテ。帰る頃には順番待ちの人がいるほどの人気店だった。

レストラン190623

 メニューは何といってもピザだ。マルゲリータと生ハムのピザを注文。他にカプレーゼ、ラビオリ、シーザースサラダ、それに現地のワイン「ソアベ」&生ビール。 旨かった! これで4人でチップも入れて110ユーロ。一人3,300円程度になる。安い。

マルゲリータ190623 ピザプルシュート190623
カプレーゼ190623 ラビオリ190623
シーザーサラダ190623 ソアベ190623

 ホテルに帰るとACミランのアカデミー・ジュニアキャンプの選手に出会った。みんな陽気だ。ここからスーパースターが出るのだろうか。

ACミラン190623

 部屋のデッキから、もう9時を過ぎているのに夕日があたるアンテラオ山(3,263m)が見えていた。ドロミテ街道では2番目に高い山だ。

アンテラオ190623

 明日は快晴の天気が期待できそうだ。

コメント

非公開コメント