FC2ブログ
2018/12/07

■ 大分旅行その4

 2018年12月7日(金)、大分旅行最終日の12月5日は別府市内観光コースだったが、他の旅行者から杵築の城下町が良かったと聞いて急遽予定を一部変更し、行ってみることにした。そのためホテルを30分早く出発。最初は近くの血の池地獄に行ってみる。

tinoikejigoku181205

 次の地獄めぐりは明礬地獄だ。

myobanjigoku181207

 どちらも30分ほど見て回る予定だったが15分で切り上げ。海地獄も予定していたが取りやめたので、これで1時間ほど時間がとれた。

 その後は近くのスーパーで予約をしていた吉野の鶏めしを買って、湯けむり展望台に向かう。ここからは鉄輪温泉街の湯けむりが見える。ここは「21世紀に残したい日本の風景」で富士山に次いで全国第2位に選ばれたそうだ。

yunokemuri181205

 そしてその後は杵築に向かった。空港へ行く途中にあるので都合が良かった。最初は資料館で観光のモデルコースを聞いてみた。この近くの紅葉がきれいだった。

kituki18120501

 ここからは海が見える。左奥には杵築城が見えている。後で行ってみることにした。

kituki18120502

 最初は石畳の美しさが際立つ「酢屋の坂」。

kituki18120503

 ここを登ると武家屋敷に出る。江戸時代にタイムスリップしたかのような景色が広がっている。この町には着物の貸し付けがあって、着物だと施設の入館料が無料になるので着物姿の人が目についた。

kituki18120504

 その後は杵築城に向かう。日本一小さいお城とも呼ばれているらしい。

kituki18120505

 ここの公園で買って来た吉野の鶏めしのおにぎりで昼食とした。美味し~い。

bentou181205

 そしてレンタカーを返し、予定通りの飛行機で羽田に戻って来た。大分空港を飛び立つとすぐに四国の佐田岬半島が見えてきた。

hikouki181205

 羽田に近づくと富士山が見えてきた。その奥に八ヶ岳も見えている。

fujisanyatu181205

 羽田から車に乗り換えて小淵沢に着いたのは21時頃になった。すぐにごろすけを引き取りに行くと、車が駐車場に入ると同時にごろすけが入り口の窓まで出てきてこっちを見ている。毎日車が来ると窓まで来ていたのだろうか。

 今回も盛りだくさんの旅行でとても楽しいひと時を過ごすことができた。次はどこにしようかもう考え始めている。

コメント

非公開コメント

No title

杵築に行かれましたね。
風情の有る街で私も2回ほど足を運びアップしたことを思い出します。
機会を作りもう一度行くことを考えています。

ふく爺さん

古い街並みを、臼杵にするか杵築にするか考えてスケジュール上臼杵にしたのですが、
時間がなくなりゆっくり見れませんでした。逆に杵築は行く予定がなかったのですが、
ゆっくり散策することができ良かったです。