FC2ブログ
2018/12/06

■ 大分旅行その2

 2018年12月6日(木)、大分旅行2日目の12月3日は、別府から北の方面を廻って来た。最初は豊後高田市にある富貴寺だ。

fukiji18120601

 ここの阿弥陀堂は日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物として国宝指定されている。阿弥陀堂の周りに銀杏やモミジの葉っぱが落ちてきれいな景観を作っている。

fukiji18120602

 周りを見るとまだまだ美しい紅葉が見られた。

fukiji18120603

 その後は全国にある八幡宮の総本社になる宇佐神宮へ行ってみた。車を停めて大鳥居から入って行く。この辺から雨になって来た。

usajingu18120601

 境内の所々に残っている紅葉を見ながら上宮を目指して歩く。広い境内だ。

usajingu18120602

 やっと上宮に到着。朱色の柱と白い壁が印象的だ。この中にある本殿は国宝に指定されている。

usajingu18120603

 雨が降って落ち葉が滑りやすいので注意しながら廻って来た。

usajingu18120604

 宇佐は鶏のから揚げが有名。多くの店があるが大分からあげ発祥の店といわれる来々軒で昼食とした。

rairaiken181206

 こちらが一番人気のからあげ定食800円。

karaage181206

 稲庭中華そばも人気らしい。

ramen181206

 どちらもとても美味しかった。お腹が満足した後は耶馬渓に向かった。最初は青の洞門。

aonodoumon181206

 すぐに次へ向かう。羅漢寺だ。ここは登りがきついので中腹までリフトで上がることにした。有名な山門が見えてきた。

rakanji18120601

 岩屋の中には五百羅漢や千体地蔵が安置されているが撮影禁止で撮れない。

rakanji18120602

 次は一目八景に向かった。曇り空のうえ更に逆光なので暗くて岩肌が良く見えなかった。

yabakei18120602

 おまけに紅葉も終わっているので期待外れだった。ここは絶好の場所を、お土産屋さんや、もう営業していない古びた旅館が廃墟となって占領しており、せっかくの景観を台無しにしている。何とかならないのだろうか。

yabakei181206

 この後はホテルに戻って温泉に入り夕食だ。この日もビールの後に地酒にしたが、ベテランの仲居さんが毎晩地酒をコップ半分サービスしてくれた。こんな時は本当にうれしい気分になる。

nihonshu181206

コメント

非公開コメント