FC2ブログ
2018/04/27

■ クマガイソウ群生地

 2018年4月27日(金)、Oさんに誘われて富士山近くの西桂町にあるクマガイソウ群生地まで行ってきた。町営の駐車場に車を停めて、少し急な上り坂を登ると看板が見えてきた。

kumagaisou18042701

 赤松など背の高い木の下に一面に咲いている。

kumagaisou18042702

 ここは、個人の方がこの花を絶滅から守り、後世に引き継ぎたいという意志で栽培を始めたという。最盛期には3万株を超えるほど群生していたが、現在は5000株程度まで減少しているらしい。最盛期の状態を目指し今は町が保護・管理をしている。そのお陰できれいな大きな花がついている。

kumagaisou18042703

 普通は一株から一輪の花を咲かせるが、こちらは二輪の花が咲いている。珍しいらしい。

kumagaisou18042704

 この群生地の中でここだけにぽつんとアツモリソウも植えられていた。花の名前が、昔の武士が背中に背負った母衣に見立てて、源平合戦の熊谷直実(くまがいなおざね)と平敦盛(たいらのあつもり)からつけられたらしい。そんな名前の由縁があったのだ。

atumorisou180427

 その後は近くの「とうざんの里」にエビネランが咲いているというので、そちらにも寄ってみた。

ebineran18042701

 ここも個人の方が、小高い山の斜面にモミジやエビネランや福寿草などを植えて整備してきた処だ。散策路が整備されている。

gorosuke18042707

 エビネランはうっかりすると見逃してしまうほど土の色に溶け込んでいる。

ebineran1802702

 途中の小屋で鉄瓶で沸かしたお湯でお茶やお菓子をサービスしてくれた。嬉しい。

kama180427

 小さなギャラリーも開いていた。新緑がとてもきれいだ。

touzannosato180427

 秋の紅葉もきれいなのでまた来てくれといわれた。機会があれば是非来てみたい。

コメント

非公開コメント