FC2ブログ
2012/06/03

■ 剣尾山と横尾山

 2012年6月1日(金)、大阪府北端の能勢町にある784mの剣尾山と785mの横尾山に登ってきた。今回は今までよりも距離が長く(約9km)、標高差(約480m)もあるので覚悟して登ったが本当にきつかった。

 登山道入口の狭い林道にはすでに3台の車が停まっていた。いきなり丸太でできた長い急な階段を登っていく。少し行くとビックリするような巨岩が沢山現れてきた。どうして斜面にとどまっているのか不思議なくらい。

marutakaidan kenbisanooisi

 更に巨大な垂直の岩壁を通り、登り抜けると行者山に出た。そこから少し穏やかな道が続いた後、また急な登りが続く。途中で六地蔵に到着。疲れた体を癒してくれる。

kenbisabisinikabe rokujizou

 ここで少し休憩し、更に登ると月峯寺跡や井戸跡などを通過。そして急な斜面を登りきるとやっと剣尾山の頂上に到着。ここまで1時間40分。頂上は視界が開けて遠くまで良く見える。

idoato kenbisantyoujou

 ここで弁当を食べ少し休憩。出発する頃に入れ違いで年配の男女5名のグループが到着。我々は次の横尾山へ向かって出発した。ほぼ同じ高さの山だが、最初は下るので、頂上近くで急な登りとなる。後ろを降り返ると剣尾山が見えた。横尾山の頂上には誰かが木に取り付けた標識があるだけ。

kenbisan yokoyama

 そこから少し下ったところで反対側から登ってきた年配の登山者に出会う。熟練者のようだが息があがっていた。なるほどそこからは下り傾斜がきついコースだった。しばらく行くと「頂上広場」に出た。予定していたコースに“急な坂道のため年寄や子供は無理”の注意書があったので、そちらは避けて「ひと休み峠」に向かった。でもこちらも随分急な坂道だった。

 その分岐で「水辺の広場」の方に下りると小さな岩谷ダムに出た。水が少なく沢を簡単に渡ることができる。反対側に出ると車を停めた林道に出た。やっと出発点に到着だ。

tyoujyouhiroba hitoyasumitouge

 登り始めてから4時間40分が経過していた。林道には先に停まっていた3台の車はなく、違う車が2台停まっていた。登りや下りの傾斜がきつく、距離もあったのでいつもより随分疲れたが、見所沢山の楽しいコースだった。

コメント

非公開コメント