FC2ブログ
2020/01/01

■ 謹賀新年 2020

 2020年1月1日(水)、令和2年、新しい年が始まりました。昨年はいつもご覧いただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

 今年も最初の投稿は、年賀状用にPainter12で描いている干支の「子」の絵だ。PCで描く絵は、趣味で描き始めてもう12年を迎え、今でも月に1~2枚描いている。

子年20010109

 2020年の元旦は、快晴の天気で風もない穏やかな正月を迎えた。大泉アメダスの最低気温は-7.9℃。ぐっと冷えたが、今年も初日の出を見に富士見坂まで出かけてきた。歩いても5分程度のところだ。初日の出を待つ富士山が曙色に染まっている。

富士山200101

 南アルプスにも朝日があたり始めた。

南アルプス200101

 毎日のように見ている甲斐駒にズームアップして見た。頂上が朝日にあたって美しい。

甲斐駒200101

 八ヶ岳も赤くなって来た。間もなく初日の出が現れる。

権現岳200101

 そして7時12分、茅が岳の上から初日の出が現れた。美し~い。甲府は日本の主要都市の中で元旦の晴天率が日本一なのだ。

初日の出200101

 その初日の出を背景にごろすけの今年最初の一枚だ。

ごろすけ20010101

 その後は、毎年行っているすぐ近くの六所神社まで初詣。赤い鳥居の前でまず一枚。今年は数組の初詣客に出会った。

六所神社200101

 ごろすけを座らせて記念の写真をもう一枚。

六所神社201010102

 今年も健康で楽しい一年でありますように。


2020/01/02

■ 花パークまで

 2020年1月2日(木)、今日も朝からいい天気だ。最低気温は-1.2℃。朝の散歩は気持ちがいい。

南アルプス200102

 ハクセキレイがちょこちょこと動き回っていた。冬仕様なのか体がふっくらしている。

ハクセキレイ200102

 昨日はここに来ていないのでこれが初湧水橋。

湧水橋200102

 今日はごろすけが退屈そうにしているので、午後の散歩は花パークまで行ってきた。嬉しそうに飛び回るごろすけ。

ごろすけ200102

 いつものカブトムシの前でパチリ。

ごろすけ200102

 真っ白な権現岳が良く見えていた。

八ヶ岳200102

 家に戻ってくると富士山も夕日にあたってきれいだった。

富士山200102

2020/01/04

■ 今朝もいい天気

 2020年1月4日(土)、今朝もいい天気が続いている。最低気温は-0.3℃。でも今朝は風が強いので体感温度はぐっと低い。

南アルプス200104

 富士山のシルエットがくっきり浮かんでいる。いい眺めだ。

富士山200104

 北の空も真っ青。

北の空200104

 今朝は朝日があたるごろすけをパチリ。

ごろすけ200104

 風力発電用のプロペラが勢いよく廻っている。

風車200104

 権現岳を見ると雪が少し増えたようだ。

権現岳200104

 編笠山のピューマが新たに降った雪の影響で消えかかっていた。

編笠山200104

2020/01/05

■ 雪化粧

 2020年1月5日(日)、今朝は起きてみると外は薄っすらと雪化粧していた。最低気温は-4.2℃。風もあるので頬が冷たい。

雪化粧200105

 正月休みに賑わっていた三分一湧水公園の駐車場は、薄っすらと雪化粧して静かになっていた。

三分一湧水公園200105

 甲斐駒にズームアップして見た。風で雲が流れている。

甲斐駒200105

 三分一湧水公園の木道が白く浮かび上がっている。

木道200105

 いつもの場所で水を飲むごろすけ。

湧水200105

 湧水橋は以外と雪が少ない。

湧水橋200105

 水の里公園の木の上でリスが木の実を食べていたので、持っていた望遠カメラでパチリ。うまく撮れた。

リス200105

 帰り道ごんたとばったり。今年もよろしくと挨拶しているのだろうか。

ごんた200105

2020/01/06

■ 空が青い

 2020年1月6日(月)、八ヶ岳南麓は今日もいい天気。夜明け前の富士山がくっきりと見える。

富士山200106

 朝の散歩では南アルプスの上空に真っ青な空が広がっていた。最低気温は-6.5℃。でも風がないので気持ちがいい。

南アルプス200106

 雪がたっぷりある権現岳。

20010603

 今朝のごろすけの一枚は三分一湧水公園の小川の側で。

20010604

 北の空は透き通るような青空だ。

20010605

2020/01/10

■ 蓼科まで

 2020年1月10日(金)、6日から4泊で蓼科まで行き今日帰って来た。最初は諏訪まで行って買い物をし、諏訪湖でごろすけを散歩させた。遠くに富士山が見えている。

20011007

 湖畔で望遠カメラを持った人が7~8人集まって、木にカメラを向けていたので行ってみると、木の上にヒレンジャクが団体でとまっていた。冬鳥なので見る機会が少ないかもしれない。

20011006

 蓼科に向かう途中、八ヶ岳連峰がきれいに見えてきた。右から権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳と続く。

20011008

 畑では左義長の準備が整っていた。

20011009

 今日の宿は、いつものPVリロ蓼科だ。1年の残りのポイント消化のために近くだがやって来たのだ。

20011002

 ここはごろすけも部屋で一緒に泊まれるので助かる。早速部屋でくつろぐごろすけ。

20011004

 夕方の散歩で、ソーセージを売る店の裏に大きな豚の像を見付けて興味津々。

20011001

 このホテルは源泉かけ流しの温泉。内湯と露天の他に、ヒノキの樽かわり風呂で、天然ハーブ、天然鉱石、薬湯など3つの温泉も楽しめる。5日間温泉三昧だ。

20011005

 部屋で自由にできるので、いつもは寝ている時間なのに動き回るごろすけ。

20011003

 食事中は席から離れない。

20011010

 いつもとは違った経験を楽しんでいるようだ。

2020/01/11

■ 蓼科湖

 2020年1月11日(土)、泊まっているホテルの裏に蓼科湖が広がっている。一周1kmの小さな湖だ。ごろすけとの朝夕の散歩に丁度いいので毎日のように歩いていた。初日には夕日が沈む景色に出会った。きれいだ。

20011101

 朝の散歩では静かな湖面に山が映ってとてもきれいだった。正面に見えるのが泊まっているホテルだ。

20011102

 真っ白になっている蓼科山にズームアップして見た。

20011103

 湖の周りは遊歩道がきれいに整備されている。

20011105

 7時45分、八ヶ岳から日の出がやっと見えてきた。我が家よりも30分は遅い。

20011104

 夕日の当たる景色も何とも言えない美しさだ。

20011107

 展望台からの眺めが面白い。

20011106

 しばし見とれていた。

20011108

 帰る日の朝焼けの風景。

20011109

 近くに少しぬるめの水が流れてきて池ができていた。温泉の湯だろうか。

20011110

 蓼科湖の冬の眺めにうっとりだった。

2020/01/12

■ 雪の彫刻公園

 2020年1月12日(日)、今朝の夜明け前の空がきれいだったので家の窓から撮ってみた。最低気温は-2.2℃。

20011211

 朝の散歩で撮った南アルプス。寒そうな景色だが、風がないので散歩していると薄っすらと汗が出てくる。

20011209

 蓼科の旅行2日目の7日の午後は予報通り雪が降って来た。早めに帰ってホテルの部屋から外を見ていると、どんどん積もっていく様子が判る。

20011201

 夕方には小降りになったので、ごろすけを連れて散歩に出てみた。積雪は10cm位だろうか。白銀の世界が広がっている。

20011215

 ごろすけは大喜び。気になる匂いがあるのだろうか、毎回ここをチェックしていた。

20011202

 雪の彫刻公園に入ってみた。無料で開放されている。ライトアップされていて幻想的だった。

20011203

 駆け回るごろすけを立ち止まらせてパチリ。

20011204

 ライトに興味津々のごろすけ。

20011205

 ホテルのプールの水は真ん中だけ凍っている。

20011206

 その脇に雪だるまが4つ出来ていた。海外から来た家族連れのホテル客が造っていたのだ。

20011207

 隣の蓼科湖も雪景色に。

20011208

 旅先の雪もいいものだ。

2020/01/12

■ 大滝と乙女滝

 2020年1月12日(日)、蓼科の旅4日目の9日は朝からいい天気になったので、近くの蓼科大滝、横谷峡の乙女滝、白樺湖などに行ってみた。最初は蓼科大滝。ホテルから車で5分くらいのところにある。

20011224

 駐車場に車を停めて歩きだすとすぐに下りになった。下はアイスバーン。大変滑りやすいので慎重に降りて行く。

20011221

 下まで降りると今度は登り。木の根が絡まる歩きづらい道が続く。

20011240

 ゆっくり歩いても10分くらいで滝に到着。

20011222

 ここの東屋でごろすけを一枚。

20011223

 この後は昼食。ホテルの近くに焼き肉屋さんがあったので入ってみた。

20011231

 カルビのランチを注文する。久しぶりの焼肉なのでとても美味しかった。

20011232

 この後は横谷峡の乙女滝まで。車で15分程度で到着した。

20011225

 こちらは雪がなくて、上り下りも大変歩きやすい。

20011226

 そして、白樺湖にも行ってみた。スキー場が見えている。

20011227

 上から見ると湖の半分くらいが凍っているようだ。

20011228

 ホテルへの帰り道、八ヶ岳連峰の阿弥陀岳と赤岳が大きく見えていた。

20011229

 その右側には権現岳も見えている。どちらも北側なので雪で真っ白だ。

20011230

 近場の蓼科の旅だったが、温泉と雪、湖と滝など大変楽しむことができた。

2020/01/13

■ ストーブの部品交換

 2020年1月13日(月)、八ヶ岳南麓は今日もいい天気。最低気温は-2.0℃。過ごしやすい。

20011304

 今朝の三分一湧水公園の木道は薄っすらと雪に覆われていた。

23011305

 三ツ頭も真っ白になっている。

23011306

 家に戻るとモズが枯草の上で餌を探していた。

23011307

 家ができてから10年目を迎えるので、薪ストーブの部品も劣化し始めるものが出てきた。今回は灰受け皿が何かにひっかかって出し入れができなくなった。ストーブ屋さんに電話してみると、薪を乗せる鋳物でできたグレートの一つが、熱で曲がって来たのではといわれて調べてみると、なるほど奥の一枚が随分湾曲していた。

20011301

 取り出して、新たに送ってもらったものと比べると随分曲がっているのが判る。

20011302

 このグレートは随分重いが、置いてあるだけなので取り替えは簡単だ。

20011303

 最近の電子部品を使った製品は故障すると部品交換が大変で、へたをすると新しいものを買った方が安い場合もあるので、こんな単純構造のものを見るとほっとする。