FC2ブログ
2011/03/25

■ 薪ストーブグッズ

 2011年3月20日(日)、前日のIさん宅で見た薪ストーブを参考に、ストーブグッズを買いに原村のストーブハウスに行ってきた。店には沢山のストーブ関連商品が並んでいた。
 まず、以前から欲しかったウォーミングシェルフを買った。これはストーブトップから薪を補給するときに、グリドルの上においてあるやかんなどを少しずらして置ける便利なシェルフだ。左右に取り付けるのが一般的。それを2枚購入。1枚に2本のミトンラックが付いてくる。これも濡れたタオルなどを乾燥させるのに便利だ。

 次に赤色のスティーマーを購入。部屋の乾燥を防ぐのに役に立つ。鋳物でホーロー仕上げになっている。随分と重い。価格はすべて定価販売なので高く感じられるが、どこでも販売している商品ではないので仕方がない。ネットでもほとんどが定価販売だ。薪をストーブの横において置けるウッドラックも欲しかったが、色々な形、素材、大きさがあるので、もう少し検討してから購入することにした。妻はいかにも暖かそうなスイス軍が使っている寝袋を購入。



 帰ってきてから、家の前の片隅に集めておいた落ち葉が気になり、この日は天気がいいので燃やしてみることにした。石で簡単な炉を作り落ち葉をどんどん燃やしたが、なかなかなくならない。それでも2時間程度掛けて4分の1くらいがなくなった。
 でも、後で判ったことだが、家の周りで、落ち葉を燃やすことは、法律で禁止されているようだ。ご近所でも燃やしているところがあったので、思わず燃やしてしまった。気をつけなければいけない。
 こんなことをしているとあっという間に時間がたつ。この日はパノラマの湯で温泉に入ることにした。連休だったがすいていた。地震の影響だろう。

 3月21日(月)、朝10時半に家を出発。これからも計画停電がありそうなので、蓄熱暖房機は、バックアップ用の電池がないのでスイッチを切って、ブレーカーも落すことにした。エコキュートは3時間程度の停電なら復旧すると自動的に戻ることになっているので心配ない。家の中の電気類の点検を済ませてから水抜きをして出発。途中2回の休憩をして16時に到着。今回はあまりスピードを出さないで走行したせいかリッター13.8Kmも走った。次はゴールデンウィークに行く予定だ。
2011/03/24

■ ミニ情報交換会

 2011年3月19日、この日は、清里にあるIさん宅で4家族が集まって情報交換会が開かれた。震災の後なので状況を確認し合おうという事だが、まあ、飲んで食べておしゃべりをする会だ。昨年の8月にFさん宅でお会いした、Hさん、Gさんご夫婦が集まった。

 13時に予定通りHさんが家まで迎えに来てくれた。Hさんは富士見高原に1年前に家が完成して、つい最近引っ越してきたそうだ。横浜に自宅があるが、5年間はこちらで暮らすといっていた。Iさん宅ではお酒を飲むので、奥さんの運転で帰りも送ってもらう予定だ。Gさんは、大阪の藤井寺に住んでいて、金曜日の夜10時頃出発して、朝の3時に着いたそうだ。甲斐小泉駅の北側にある泉郷の別荘地に、随分前に家を建てたようだ。

 清里のIさんの家は、小高い山の中の3,000坪の土地に建っている。「アダージョの森」と名前をつけた森の中だ。家の周りには何もなく、隣の家までは数百メートル離れている。静かなところだが、色々遊びながら暮らすにはもってこいの環境だ。4年前に家が完成し、昨年大阪からご夫婦で引っ越してきた。この日は奥さんがいろいろ料理を用意してくれた。飲んで、食べて、「アダージョの森」を案内してもらい、気がつくと夕方5時。そろそろ暗くなるので解散となった。次は5月4日に恒例のガーデンパーティを開く予定だという。(写真は近隣から見た春の甲斐駒ヶ岳)

2011/03/22

■ 電気工事ミス

 2011年3月19日(土)、川西の家を一人で5時に出発。10時に八ヶ岳に到着し、妻と合流。途中駒ケ岳のSAでガソリンを入れた。震災の影響で東北関東地区はガソリン不足で20Lまでの制限があった。帰りの分が心配なので、家の近くのGSでもう一度満タンまで入れておいた。
 この日は朝方が冷え込んだが、日中は天気が良く、家の中は暖房がないのに10度くらいあった。でも朝晩の寒さが心配なので、少ししかなかった薪の補充に近くの無人販売所まで買いに行ってきた。朝と夜に火を入れて、ほぼ1日に1束くらい必要だ。
 その後、新しく取り付けてもらった雨といを確認した。きれいに取り付けられていて目立たないようになっている。流石はプロの仕事だと感心した。(写真はブログから写真をお借りして描いたデジ絵)



 今週は水道屋さんと電気屋さんに来てもらった。水道屋さんには、前回確認して帰った水漏れを、部品を交換して直してもらった。その後の水漏れはなくなったのでホッとした。停電の影響で、ボイラーや給湯システムの凍結が起こっていて忙しいと言っていた。
 電気屋さんは、蓄熱暖房機の時計の誤作動を調べてもらった。停電後、時計が狂っていたので、メーカーに確認したところ、停電時にはバックアップ用の電池が作動するので、時計が狂っているとすれば、地震の影響で電池がずれてしまったか、電池の+-を間違って取り付けたかのどちらかだ、といわれたので確認してもらったのだ。
妻がその点検に立ち会ったが、時計があるパネルを開いてすぐに閉じ、部品不足といって、部品を取り寄せるので、それまで待ってくれといわれた。どうやら電池の入れ忘れのようだ。信じられないミスだ。でも早目に気がついて良かった。時が立つとどちらの責任かあいまいになる。この電気屋さんは、廊下の照明のスイッチを、玄関ホールの照明に接続した工事もしていたが、あまり使わないスイッチだったのでこれは言わなかった。引渡し時にもっと細かくチェックしておくべきだと思った。
2011/03/21

■ キツツキ現る

 2011年3月17日(木)、妻が家の周りの木に止まっているキツツキを発見。コツコツと大きな音を立てて木を突っついている。すぐにカメラでパチリ。写真を引き伸ばしてよく見ると、頭に赤い毛、お腹に白黒の縦縞模様、羽の毛はやや鶯色、この特長を調べるとアオゲラの特長と良く似ている。この界隈では、このアオゲラと良く似たアカゲラも多く見られている。木を突っついているだけで、家の方まで来なければいいのだが。しばらくは要注意だ。



 以前から検討していた雨水対策の一つとして、アトリエの入口の西側の屋根の1辺6mに雨といを取り付けてもらった。この日、取り付け業者から写真と請求書が届いた。きれいに取り付けられている。これでアトリエの入口の水跳ねが解消されるはずだ。状況を見て北側駐車場の屋根にも取り付けるかどうか判断しなければならない。
2011/03/16

■ 東日本大震災

 2011年3月11日(金)、14時46分、東北地方太平洋沖地震が発生。国内観測史上最高のM9.0の巨大地震だ。この影響で広範囲に亘って津波が押し寄せ、岩手県、宮城県、福島県などの海岸沿いに、まれに見る甚大な被害をもたらした。八ヶ岳南麓でもこの地震の影響で、発生直後から翌日の朝5:00頃まで停電となった。

 八ヶ岳の家は、深夜電力を利用した蓄熱暖房システムで、水道の凍結を防止している。どんな影響が出ているか心配だ。たまたま、義姉が家に遊びに来ることになっていて、妻だけ14日(月)の朝から高速バスで行き、私は週末に車で迎えに行くことになっていた。
 しかし、この地震で、福島原子力発電所では深刻な事故が発生し、東京電力の需給バランスに影響が出て、14日から「計画停電」が関東一円で実施されることになった。電車の運行にも大きな影響が出ることになったので、残念だが義姉は旅行を中止することにした。それでも家が心配なので妻が一人で予定通り行くことになった。

 3月14日(月)、妻は大阪を8:10に出発の高速バスで移動し、小淵沢インターチェンジに14:50に到着。そこから徒歩で小淵沢駅に着くと、JR小海線は、地震の影響による節電対策で全面運休。しょうがないのでタクシーで移動。16:30頃家に着いた。
 家の中は特に被害もなかったようだ。蓄熱暖房機は通電後に復旧し作動していたが、時計が狂っていたので、深夜電力が利用されたかどうかは不明。北杜市の震度は「5弱」との発表だったので心配だったが、影響はほとんどなくホッとした。(下の絵はスケッチ風に描いたデジタル水彩画)



 3月16日(水)、18:40から20:40まで停電となった。北杜市は計画停電の第3グループに入っている。14日から始まった「計画停電」で、第3グループの停電が実施されたのは始めてだ。一旦調整した蓄熱暖房機の時計が、この停電でまた狂ってしまったので、電源を切って一夜を明かしたようだ。おり悪くこの日から真冬並みの寒波が到来。翌朝は外気温度が-6℃まで下がった。水道の凍結も心配だったが問題なかったようだ。この寒波は18日まで続く予報となっている。山梨県も、地震の影響によるガソリン不足が心配だが、19日(土)に予定通り車で行くつもりだ。