FC2ブログ
2009/12/26

■ 建築業者の決定

 2009年12月、結果的に、C社にはお断りのメールを出した。C社との打合せの中で、なかなかこちらの希望が伝わらない会社だと感じていた。何回も図面を出してもらっていたが、コミュニケーションの不安があったし、肝心の予算もあわないのでやむを得なかった。メールだけでは失礼かと思い、アポイントを入れたが、「期待に沿えなくて申し訳ない」旨の丁重な返事があった。わざわざの訪問は不要とのことなので、メールで済ますことになった。

 12月19日、検討の結果、D社にもお断りのメールと電話をし、E社に正式にお願いすることにした。深夜電力を利用した蓄熱暖房システムが決め手となった。このシステムは家中の温度差が少なく、健康的で、経済的。オール電化にぴったりの暖房システムなのだ。

 E社の間取りも決め手となった。ドアが少なく開放的、洗面とトイレが一体、洗面室近くのクローゼット、緩やかな階段・・・など、希望していたことが、うまく取り入れられていた。この案を、パソコンソフトを使って3Dで仕上げてみたが、なかなか考えられた間取りだと実感できた。完成がとても楽しみだ。
(画像は住宅間取りソフトでE社の図面を基に作成した完成予想図)