FC2ブログ
2009/10/08

■ 見積書

 2009年10月、約束通り見積書が届いた。予想はしていたが、見て少しビックリした。予算を遥かにオーバーしているのだ。しかも、すでに使用材料がコストダウンのため相当落ちている。
 C社が気に入った理由の一つに、使っている素材があったが、サッシは無垢のトリプルガラスから樹脂のペアガラスに、室内の壁は塗り壁からクロスに、越壁は無垢から新建材に、など、大幅な変更になっている見積もりだ。希望していた仕様とはまったく違う。少々の交渉で予算内に収まるとは思えない内容だった。
 検討する時間が欲しいと伝えて、少し待ってもらうことにした。予算は最初から明確に示していたが、無理があるのだろうか。(写真は10月の朝の近隣の様子)

 まだまだ時間はたっぷりあるので、今の予算で他社では可能かどうか、一からやり直す覚悟を決め、以前に訪問したことがある2社と連絡を取り、再スタートすることにした。でもC社をあまり待たすこともできないので、早速2社とアポイントをとり1泊2日で八ヶ岳へ行くとになった。
2009/10/24

■ 他社と再スタート

 2009年10月、朝5時に家を出た。途中渋滞もなく順調で10時前に小淵沢に到着。約束の14時まで時間があるので、いつもHPを拝見しているCさんの家に立ち寄ることにした。9月に、偶然に白駒池でお会いしたことがあるが、それ以来だ。Cさんご夫婦はとても親切で、地元の工務店の裏情報も沢山話してくれた。参考になった。
(画像は趣味で描いているデジタル水彩画)

 その後、14時にD社へ。こちらの要望を入れた図面はすでに送付済で、社長とは電話で詳しく話しをしている。この日は社長が関西に出張なので、奥さんが、参考となる家に案内してくれた。
 最初は建築費がそんなに高くない小型の別荘。コンパクトな家だが内装はとても素敵だった。使っている素材も、とてもいい。次は、D社のHPにも詳細が出ているやや大きい家だ。ここも写真で見ている以上に、使っている建材や設備の素材感がわかり、とても気に入った。最後に、現在建設中の建売物件を見せてもらった。標準の断熱材や構造などが確認できた。
 間取り案作成に費用がかかるが、前に進めることにした。D社の標準仕様で、予算内に収まる設計案を出してくれることになっている。

 次はE社だ。こちらも3年前に訪問したことがある会社だ。D社長に資料を渡して説明し、他社との競合になるが予算内に収まる設計案を出してもらうことになった。社長は設計案を考えるのは趣味なので料金は要らないが、1ヵ月程度は時間がほしいとのことで、お願いすることになった。以前にも感じたが、D社長はとても正直そうな人で、信頼できそうな印象だ。

 この2社にはとても期待が持てた。今のところ、この2社のどちらかに目処がたったらC社にはお断りを入れようと考えている。