FC2ブログ
2008/08/23

■ 設計案の進捗

 2008年8月1日、東京の妻の実家から義妹2人と一緒に、八ヶ岳へ日帰りで遊びに行った。国立から八王子付近で渋滞があったが、その後は順調。しかし調布の家から長坂ICまで2時間30分かかった。
 
 長坂ICから車で5分のところで、知り合いの人が、500坪の土地を購入し、古民家を移築して改造した家を建て、ワイン用のブドウを中心として、野菜を作っているというのでお邪魔した。東京の家には週に1回くらい帰るそうだが、それ以外はここで毎日朝早く起きて、野良仕事をしているらしい。
 土地は南西方面に傾斜してその一番高い位置に家を移築し、下が畑になっている。家からは、南アルプスの山々と富士山がきれいに見える絶好のロケーションだ。標高が650mと少し低い位置にあるが、家の中に入ると涼しかった。移築した古民家も綺麗に改築され気持ちが良かった。(写真は菜の花と甲斐駒ケ岳)

 そこで1時間ばかり話をして、甲斐小泉の蕎麦屋で手打ちそばを食べ、そのあと、私だけC社に図面をもらいに立ち寄った。
 4回目の案は、心配していた通り、前回提案と代わり映えがしなかった。むしろ私達の要望が少し後退している感じがした。部屋は2室でいいとしていたが、2階に建売のような3室の部屋が設けられており、そのうち2室にはクローゼットがない。トイレと洗面室を1部屋にまとめる希望も見事に分離されていた。家の外観も総2階建てが基本となっているので、建売住宅のイメージに似ていた。
 説明を少し聞いたが、新たな進捗がないようなので、早々に切り上げて、妻たちに合流した。

 その後、例の養鶏農場直営の店でお土産を買い、少し足を伸ばして野辺山付近まで行き、アイスクリームを食べて、東京に帰った。帰りの高速道路は順調で2時間で東京の家まで着いてしまった。翌日に、また中央高速を経由して大阪まで帰ってきた。八ヶ岳とは比較できないが、東京と比べても大阪の夏は暑いと改めて感じた。