FC2ブログ
2007/10/05

■ 2回目のラフ案

 2007年10月、C社から待望の2回目の図面がFAXで送られてきた。こちらの希望を伝えた後なので期待していたが少しがっかりした。内容は前回の提案を一部修正したものだった。B社長は、その後何回か土地に出向き特徴を再調査した結果、改めて最初の基本提案がベストと確信しているとの説明がメールで送られてきた。でも同じような家をC社のHPで見たような気がした。(画像は、ラフ案を基に住宅間取りソフトで作成した外観)

 間取りで一部修正があったのは、工房兼ゲストハウスと、ミニギャラリーが追加されていることだった。土地の特徴からの設計ではベストかもしれないが、希望の家とは少し違っていた。家の設計まで完全にイメージして土地を選んだ訳ではないので、土地の特徴を生かす案と、希望する家の好みに違いが出るのはやむを得ない。10月12日に大阪へ来られるので、その時に少し詳細な希望を伝えようと思っている。
2007/10/27

■ ヒアリング

 2007年10月12日、妻と一緒に大阪でB社長と会う。最初の1時間は、基礎作りや断熱手法、C社のPRで済んでしまった。少し専門的な話になってきたので、2回目のラフ案の話に切り替えて、用意していた意見を書類で渡し、説明を加えた。
 B社長は、2回目のラフ案が私達の好みではないことを薄々感じたのか、もう一度まったく新しい案を練ってみる、と言って、いくつかの具体的な質問をしてきた。やっと私達の希望を入れた設計を考えてくれるのかな?
 B社長の質問内容と、私達の回答は次の通り。
①屋根の形状の好みは?・・・北欧風の切妻の屋根を希望
②ギャラリー(又は工房)の広さは?・・・8畳くらい
③玄関の考え方は?・・・家の全体イメージに左右するのでそれなりの広さ
④主寝室の広さは?・・・8畳くらい
⑤駐車場は完全個室のシャッターつきにこだわるか?・・・雨の日に濡れないで家に入れる屋根があればOK・・・B社長の話では、インナーガレージは排気ガスのにおいが家の中まで入る場合があるらしい。
⑥キッチンカウンターでの食事スタイルは?・・・お客との会話もゆったりと楽しみたいのでテーブル式がいい。
⑦ウッド・デッキは?・・・是非欲しい
⑧薪ストーブは?・・・是非入れたい。私は、夏はウッド・デッキ、冬は薪ストーブのある生活を想像していたので、是非欲しいと思っている。費用効率やメンテナンスばかり考えて、都会の日常的な生活と同じではつまらない。妻は工房とギャラリーで満たされているようだが。
⑨ガーデニングは?・・・二人とも現在はあまり興味なし。周りの雰囲気を壊さないよう綺麗に整える程度。道路との境界には、工事中に、この土地から出る石をうまく使いたい(妻・・・私も同感)

 こんな質問に答えているうちに3時間が過ぎていた。この次は、冬の八ヶ岳を経験したいので、年末年始の休みを利用して行くことにしたい旨を伝えて別れた。(写真は初冬の甲斐駒ケ岳)