FC2ブログ
2019/12/31

■ 2019大晦日

 2019年12月31日(火)、今日は令和最初の大晦日。今年も、令和に改元、ラグビーW杯、消費税10%、台風大雨被害など、話題の尽きない年だった。いつもこの時期に感じるが、時間があっという間に過ぎ去っていく。次々に大きな話題が起こるせいだろうか。

 今朝はいい天気だ。最低気温は1.5℃。暖かい。南アルプスの麓の国道20号線沿いに雲がかかっている。

南アルプス191231

 その雲が韮崎や甲府まで伸びて分厚い雲海になっていた。

富士山191231

 ごろすけの今年最後の一枚は三分一湧水公園で。日差しが暖かい。

三分一湧水191231

 今朝は編笠山のピューマがハッキリ見えていた。

ピューマ191231

 そして今日は朝から角上まで買物に行ってきた。予想通り大変な混雑で駐車場に入るのに30分待った。店の中も大混雑で入り口から魚売り場へたどり着くまでが大仕事。更にレジが行列で、散々だった。

角上191231

 今年もこのブログに2,426枚もの写真を掲載したが、大晦日なのでその中から特に印象的だった3枚を選んでみた。

 最初の一枚は、4月13日に諏訪の高島城公園で撮ったメジロの写真だ。以前からメジロを撮りたいと思っていたがなかなかチャンスがなく、目の前の小さな桜の木に数匹が止まったのを見た時はドキドキだった。感激の一枚だ。

メジロ191231

 二枚目は、元号が令和に変わった最初の日に偶然にも東京にいて、朝早くに皇居まで行って撮った写真だ。歴史の1ページを見た思いで感無量だった一枚だ。

皇居191231

 三枚目は、久しぶりの海外旅行でイタリア北部の山々を廻って来た時に撮った一枚。快晴の天気に恵まれてチェルビーノ(マッターホルン)が素晴らしくきれいに見えた感動の一枚だ。

マッターホルン191231

 そして、ごろすけの今年の一枚も追加しておこう。5月3日に花パークでチューリップの前で撮った一枚だ。こんな笑顔にとても癒やされる。

ごろすけ191231

 来年も多くの写真を投稿できるよう、元気で楽しい一年にしたいものだ。

2019/12/29

■ ぐっと冷えた

 2019年12月29日(日)、今朝はぐっと冷えた。大泉アメダスの最低気温は-5.2℃。今シーズン一番の冷え込みだ。でもこのくらいが平年並み。夜明け前の富士山が茜色の空にきれいなシルエットを描いていた。

富士山191229

 我が家の温度計で今朝の最低気温をチェックしてみると-6.1℃だった。大泉アメダスの標高は867m。我が家は1000mなのでいつも1℃くらい低いのだ。

温度計191229

 朝の散歩では抜けるような青空が広がっている。甲斐駒にズームアップして見た。

甲斐駒191229

 北岳もアップで撮ってみた。雪がたっぷりある。

北岳191229

 雪がなくなった湧水橋でごろすけを一枚。

湧水橋191229

 権現岳にもズームアップして見た。雪で真っ白だ。

権現岳191229

 八ヶ岳ブルーの空をバックにごろすけをもう一枚。気持ちがいい。

ごろすけ191229

 水車小屋の水路の近くで丸い氷ができていたのでパチリ。

氷191229

 今朝は温度は低いが、日差しが暖かく風もないので気温以上に暖かかった。

2019/12/27

■ 氷あられ

 2019年12月27日(金)、今朝は、夜明け前に降っていた雨が上がって東の空には朝焼けが出ていた。最低気温は3.1℃。暖かい。

朝焼け191227

 でも朝の散歩では風が強く吹いて、八ヶ岳南麓は不気味な雲に覆われている。

曇り空191227

 いつもの木道はしっとり濡れている。

木道191227

 家に戻ってしばらくすると、急にあられが降って来た。「あられ」と「ひょう」の違いを調べてみると、どちらも、空から降ってくる氷の粒で成因は同じだが、気象観測では直径が5ミリ以上のものを「ひょう」、5ミリ未満のものを「あられ」と言うらしい。主に「ひょう」は初夏、「あられ」は初冬に降り、俳句では「ひょう」は夏、「あられ」は冬の季語になっているそうだ。ということで今日は5ミリ未満のようなので「あられ」と言っておこう。思わぬ勉強になった。

あられ191227

 あっという間に庭にたまっていく。

あられ19122702

 外にあるマットにたまった模様が面白い。

あられ模様191227

 天窓に当ったあられはすぐに融けていく。

天窓191227

 その後は青空も見えてきた。雲の間から見えている三ツ頭が真っ白だった。

三ツ頭191227

 今日は晴れたり曇ったり、風が強く、あられも降って荒れた天気だ。

2019/12/26

■ シルクロード美術館

 2019年12月26日(木)、今日は我が家からすぐ近くの「平山郁夫シルクロード美術館」へ行ってきた。年内の開館は明日までで、3月中旬まで休館となる。北杜市民は明日までの2週間無料で解放されているのだ。

シルクロード191226

 入り口を入るとすぐに仏像の展示がある。主にパキスタンやイランから収集したものだ。

仏像191226

 こちらは平山郁夫が23歳の1953年に日本美術展で初めて入選した作品だ。

平山郁夫191226

 文芸雑誌「海」の表紙を飾った作品も沢山展示されていた。42歳頃に描かれたものだ。

平山郁夫19122602

 館内は撮影禁止だったが、2年前から一部を覗いて撮影が許可されたので気兼ねすることなく撮ることができた。こちらは75歳の時の作品「小泉富士」。この辺から描いた富士山だ。

小泉富士191226

 そして平山郁夫の代表的な作品「パルミラ遺跡を行く・夜」。2006年に描かれた、縦171.0cm×横364.0cmの特大な作品だ。

平山郁夫19122603

 今日は入館者も数名。お陰でゆっくり見ることができた。

美術館191226

 スケッチ画も豊富に展示されている。

スケッチ191226

 使用していた画材などの展示もあって興味深い。

アトリエ191226

 2階にカフェがあったが今日は休み。外に見える「らくだ公園」にはごろすけと夕方の散歩に毎日来ている。

SR美術館19226

 その「らくだ公園」で昨日の夕方の散歩時にごろすけを一枚撮っておいた。

ごろすけ191226

2019/12/25

■ 冬晴れ&Xmas

 2019年12月25日(水)、今日は朝から冬晴れの天気だ。最低気温は-4.4℃。久しぶりにグッと冷えた。富士山方面には少し雲があるが、八ヶ岳南麓では青空が広がっている。南アルプスもすっきりと見える。日当りのいい畑でもまだ雪が残っている。

南アルプス191225

 この木道にはいっぱい雪が積もっていたが、今朝はなくなっていた。

木道191225

 湧水橋では残っている雪が今朝は凍ってガリガリになっている。

湧水橋191225

 水の里公園は雪がまばらだ。

水の里公園191225

 真っ白になった八ヶ岳上空にも雲がない。気持ちのいい青空だ。

八ヶ岳191225

 今日は最高気温が10℃の予想なので雪が大分融けるかもしれない。

【追記】
 
 今日はXmas。ごろすけをクリスマスバージョンで撮ってみた。少しの間だが座らせておくのが大変なのだ。

ごろすけXmas191225

 そしてこちらは先日泊まった伊豆のホテルで。被り物は嫌がるのでこちらも撮影が大変だった。

ごろすけサンタ191225


2019/12/24

■ 諏訪湖まで

 2019年12月24日(火)、今日も諏訪湖まで用事があるので、いつもより早く起きてごろすけを散歩させた。夜明け前の空がきれいだ。富士山の左上に大きく欠けた月が出ている。

夜明け前191224

 その三日月に望遠カメラでズームアップして見た。影になっている部分も明るく写ってしまう。

三日月191224

 しばらくすると、権現岳と三ツ頭に朝日があたり始めた。

八ヶ岳191224

 そして諏訪で用事を済ませた後に、友人に教えてもらった卸売市場内にある市場食堂に行ってみた。

市場食堂191224

 混んでいると思い11時過ぎに着いたが、我々が一番乗り。一番人気の海鮮丼1,600円を注文してみた。

海鮮丼191224

 この店は昨年に経営が変わってリニューアルオープンしたらしい。イメージしていた内容とは少し違っていた。その後はごろすけと一緒に諏訪湖を散歩。風が強くてさすがに諏訪湖は寒い。

諏訪湖191224

 湖畔ではたくさんの黒鵜が休んでいた。

黒鵜191224

 羊飼いのブロンズ像の前でごろすけをパチリ。

銅像191224

 大きな石の上に登ったところでもう一枚。

ごろすけ19122402

 諏訪湖は寒かったが、雪は全く見えなかった。雪は降らなかったのだろうか。


2019/12/23

■ 初雪

 2019年12月23日(月)、朝起きてみると予想通り雪が積もっていた。初雪だ。と言ってもすでに12月末なのでピンと来ないが。

初雪191223

 朝の散歩で家を出ると、喜んで飛び回るごろすけ。

ごろすけ191223

 今朝は真っ青な空も見えている。

青空191223

 積雪は少ない所で10cm位だが、

ごろすけ19122302

 三分一湧水公園の木道では20cm位積もっている。

木道191223

 枝に積もった雪がバサッと落ちてくる。湿った雪だ。

雪191223

 雪の湧水橋がきれいだ。

湧水橋191223

 竹の木が積もった重い雪で折れ曲がっている。

雪竹191223

 編笠山に薄くピューマが現れた。

編笠山191223

 今日は天気が良さそうなのでこの雪もすぐに融けそうだ。

2019/12/22

■ 冬至

 2019年12月22日(日)、このところ夜明けが少し遅くなったと感じていたが、そう言えば今日は冬至だった。今朝の最低気温は-0.3℃、5日振りの氷点下だ。でも平年と比べて随分暖かい。

 今朝の散歩では雲が多いものの、高い雲なので山々がハッキリ見えた。

南アルプス191222

 富士山も見えている。

富士山191222

 権現岳近くにも雲がない。

権現岳191222

 今朝のごろすけはアップで一枚。

ごろすけ191222

 太陽は厚い雲でなかなか顔を出すことができない。

太陽191222

 今日は夜に初雪の予報が出ているが、どうなるだろう。

【追記】

夜の7時頃から雪が降って来た。初雪だ。9時頃で積雪3cm位だろうか。湿った雪なので少し積もりそうだ。

初雪191222

2019/12/21

■ 白州まで

 2019年12月21日(土)、昨日は、用事で甲府まで行ったついでに若鮨へ寄って来た。昼にぎりが相変わらずおいしい。

若鮨191221

 夜は友人から頂いた手作りのハムとワインで一杯。こちらも美味しかった。

ハム191221

 そして今日は朝から曇り空。最低気温は0.0℃。でも最高気温は9.1℃までしか上がらず寒い一日だった。今日は用事で白州まで行ってきた。形のいい八ヶ岳が見えていた。

八ヶ岳191221

 用事が済んで「道の駅はくしゅう」で昼食をとる。しばらくの間営業休止していたレストランが先日新規オープンしたらしい。

食堂191221

 今日は開店記念でサイダーが一人1本サービスだった。

サイダー191221

 帰り道神宮川でごろすけと散歩する。甲斐駒が大きく見えていた。

甲斐駒191221

 ごろすけは下を見たいが少し怖いので急に慎重になる。

神宮川191221

 ここでやっと落ち着いて下を見ていた。

ごろすけ19122104

 ごろすけは一昨日の夜から食欲が戻り、今はいつもの元気なごろすけになっている。

2019/12/18

■ 15日振りの雨

 2019年12月18日(水)、昨日は久しぶりに雨が降った。大泉アメダスの記録を見ると1mm以上の雨が降ったのは実に15日振り。乾いた大地には潤いの雨だった。

 そして、今日は諏訪に用事があるため、いつもより早く家を出たが、今朝も朝焼けがきれいだったので車から降りて何枚か撮ってみた。

朝焼け191218

 鳳凰三山にも朝日があたる。最低気温は4.0℃。暖かい。

朝焼け19121802

 八ヶ岳も赤く染まっていた。

朝焼け19121803

 途中、小淵沢から富士見町方面を見ると山には虹がかかっていた。この辺りからポチポチと雨が降って来た。

虹191218

 諏訪で用事をすませて帰ってくる頃には雨が上がって日も差していた。諏訪湖は風が強く波が押し寄せてくる。

諏訪湖191218

 帰り道、小淵沢から八ヶ岳を見ると権現岳が真っ白になっていた。この雨は山では雪だったのだ。

八ヶ岳191218

 今日の大泉アメダスの最高気温は15.1℃まで上がり、今月一番の気温だった。12月も間もなく終わるというのにどうなっているのだろう。