FC2ブログ
2010/10/29

■ しばしのお別れ

 2010年10月26日(火)、朝から裏の家のPさんが、家の前のゴミ収集所にいたので立ち話しをした。駐車場の屋根からの雪が、私道まで落ちるのではと気にしていたが、これなら心配いらないと言ってくれたのでホッとした。Pさんは少し建築知識があるようで、工事中大工さんの仕事を良く見ていたが、とても丁寧に作業をしていたと教えてくれた。嬉しかった。
 私は、この日は東京で会議なので、甲斐小泉駅9:04発で東京へ。帰りは同駅に21:32着で帰ってきた。小淵沢駅での特急の待ち合わせが往復とも20分くらいで、接続がとても便利だった。小海線に初めて乗ったが、結構スピードを出して走っていた。妻は家の整理と周りの散歩で一日を過ごしたようだ。(写真はこの日の家と青空)



 10月27日(水)、この日の朝は冷え込んだ。部屋の中は蓄熱暖房機のおかけであまり寒さを感じなかったが、天窓の外が凍っていた。2階の窓にも薄っすらと結露ができていた。結露はほとんどできないと聞いていたが、この分だと真冬はもっとできるかもしれない。外は氷点下になっているようだ。

 今日は大阪へ帰る日だ。次に来るのは11月末。水道の凍結が心配なので、水抜きをしてから帰らなければならない。蓄熱暖房機を入れておけば、屋内の水抜きは不要。エコキュート・2階の換気扇なども、24時間入れて欲しいとの事なので、つけたままにしておく。電気代が掛かりそう。

 これで引き渡しも無事終わり完成となった。この後は、キッチンや洗面室のタイル貼り、外回りの庭の整備など、じっくり時間をかけて、手作りで仕上げていく予定だ。それにしても月1回程度しか来れないのは、なんともはがゆい思いだ。外の水抜きをしてから完成したばかりの家を離れた。
2010/10/25

■ 完成した家の整理

 2010年10月24日(日)、明日から雨になりそうなので、天気のいい間に、信州へ紅葉を見に出かけることにした。高速を利用して、長野須坂ICで降りて、松川渓谷までのドライブだ。紅葉は始まったばかりといった感じだったがとてもきれいだった。雷滝にも寄ったが、滝の裏側にも廻ることができて圧巻だった。途中、りんごの市場によってシナノスイートを買ってから小淵沢に戻った。
 この日の夕食は、山梨名物の「ほうとう」を作って食べることにした。Jマートに寄って電気スタンドとトースターを買った後、隣のキララシティで、夕食の材料とワインを買って帰った。この家で作る初めての料理だ。温かくておいしかった。

 10月25日(月)、この日は、予報通り朝から雨模様だったので、家の掃除と、持ってきた荷物の整理をした。細かなことをやっているとすぐに時間がたつ。気がつくともう昼だ。昼食に中村農園の親子丼を食べに出かけたが、平日にもかかわらず満員。並んで待つ気にもなれなく、諦めて車でうろうろしていると、きのこで作ったおこわの定食を出しているお店「いずみ農園」を発見。おばあさんが一人でやっていたが、安くてとてもおいしかった。これからも利用したいお店の一つになった。

 この日の夕食は、馬刺しをつまみに日本酒で一杯やるつもりで、ひまわり市場で買い物をして帰った。ひまわり市場までは、家から車で10分だ。これから、随分お世話になる市場だ。(下の写真は引き渡しを受けた家のフローリング)

フローリング

2010/10/23

■ 引き渡しの日

 2010年10月23日(土)、ようやく引き渡しの日を迎えることになった。この日は朝の5時半に家を出て、道の駅「こぶちさわ」に11時に到着。軽く昼食を食べてから、まだ約束の13時には早く、天気もいいので、紅葉を見に「赤橋」まで行くことにした。今が見頃でとてもきれいだった。沢山の観光客がカメラを片手にうろうろしていた。ここで時間を調整して現場へ向かった。12時40分に到着。まだD社長は来ていない。(下の絵はこの日の赤橋の紅葉の写真を基に、フリーハンドで描いたデジタル絵)

blog_import_4e394cfa352bd.jpg


 早速お隣さんに挨拶に行ったが留守だった。すぐにD社長が到着。続いて水道のL設備、電気関連のM社、エコキュートのN社の皆さんが到着。順番に説明が始まった。水抜き、エコキュート、床下蓄熱暖房機、家の24時間換気など、約1時間半メモを取りながら聞いたが、どこまで理解できたか疑問。解らない場合は電話で問い合わせすることになった。最後にD社長と記念写真を撮って、お礼をして別れた。

 その後、ヤマトの宅配便が続々到着。家から送ったもの、買い物をして時間指定していたものだ。荷物を出して、とりあえずすぐに使う、寝室・洗面室・お風呂の掃除から始めた。一段楽したので時間を見るともう夕食の時間だ。今夜は準備が整っていないので外食にすることにした。どこという当てもなく小淵沢の方面に車を走らせ、イタリアンの店に入った。ノンアルコールビールで乾杯した後、ピザなどで軽く済ませてから家に戻り、お風呂に入って今日は早めに就寝。
2010/10/16

■ 雨水の処理

 2010年10月9日、この日は終日雨だった。雨の日に来たのは初めてだったので、いろいろと気になることがあった。一つは、駐車場の北側に大屋根から落ちてくる雨水が溜まって、車庫内にも溢れそうだったこと。雪や枯葉の問題があり、雨どいをつけていないので、大きな屋根の水が、まとまってダイレクトに落ちてくる。何か対策を考えなければいけない。
 二つめは、これも雨水だが、屋根から流れ落ちてくるところが土なので、大きく水が跳ね、基礎や壁を汚してしまう。砂利などを敷くなどの対策が必要だ。
 三つめは、家の前の駐車場が、雨が降ると泥だらけになってしまうことだ。特にアトリエは、土足で上がる設計なので泥で汚れてしまう。少しの砂利は敷いてあるようだが役に立っていない。
 この三つは、いずれも雨の時にしか気が付かなかったことで、この日が雨で良かったと思った。色々情報を集めて、D社長の意見も聞きながら考えることにした。

 今回の宿泊は上笹尾にあるペンションに2泊した。初めてのペンションだったが、この周りの家並みを散歩するのが楽しみで予約したペンションだ。ここからゆっくり歩いて家まで30分かかった。散歩の間、富士山や甲斐駒ケ岳などの南アルプスがはっきりと見えて、とても見晴らしのいいところだ。帰る時に、このペンションのオーナーから新築祝いだといってワインをいただいた。ジャズが流れる感じのいいペンションだった。おまけにワインもいただいてとても嬉しかった。

 10月15日(金)、薪ストーブの設置が終わり、ウッドデッキのポリカーボネートの屋根と、手摺りの取り付けも完了した。あとは室内の掃除のみとなった。(写真は設置が終わった薪ストーブと、近隣から見た富士山)

薪ストーブ5 富士山5

2010/10/12

■ 最終チェック

 2010年10月9日(土)、 約1ヶ月ぶりに2泊3日で、完成間じかの工事現場へ行ってきた。この日は5時半に家を出たが、ずっと雨で、大きな渋滞がなかったにもかかわらず、着いたのは11時だった。水道工事の人が来ていたので鍵は空いていた。雨だから家の中は薄暗かったが、すでに照明が取り付けてあったので、スイッチを入れると明るくなった。
 なかなかいい仕上がりだ。取り敢えず、ザーと見て、車に積んできた荷物を2階に運んだ。引渡し時に使う清掃用道具や椅子などだ。妻が12時半到着のバスで東京から来るので、小淵沢のホテル「風か」まで迎えに行かなければならない。水道工事の人が荷物を運ぶのを手伝ってくれたので大変助かった。写真も撮らずに、早速バス停まで迎えに行くことにした。(写真は照明の一部とデッキ工事の様子)

照明壁 デッキ南

 バスは30分遅れて13時に到着。3連休なので高速が渋滞だったらしい。でも、いつものことで、これでも早く着いた方だとホテルの従業員が言っていた。
 道の駅で、軽く昼食をとって、再び現場へ。すると今度は棟梁のEさんが来ていた。家の中の整理らしい。明日も天気がよければ窓の清掃をする予定だという。家の中のクリーニングも彼がやるのだろうか。とにかく、家の中は工事から出るほこりで大変汚れている。きれいに掃除してくれるといいのだが、細かなところは自分たちでもしなければいけないと思っている。
 二人で家の中をゆっくり見た。妻も出来栄えには満足そうだ。Eさんに、写真で見るよりずっといい感じに仕上がっていると言ったら、とても嬉しそうに笑って、ありがとうございますと応えた。
 あとは、ウッドデッキの屋根の取り付けと、塗装などの仕上げ、薪ストーブの設置、家の中のクリーニングなどが終わってから、引渡しを迎えることになる。
2010/10/05

■ 仕上げ段階

 2010年9月29日、キッチンや洗面室の写真が送られてきた。だいぶ仕上がっているようだ。完成が近い雰囲気が出てきた。D社長は、内装の出来栄えが、これまでの家に比べて、とてもいい感じで仕上がっている、と言っていたが、本当だろうか。楽しみだ。

 あとは、棚類の仕上げ、2階ホールの吹き抜けの手摺り、設備機器(便器・洗面・キッチンシンク)の取り付け、玄関タイル、1階壁の珪藻土塗り、照明・スイッチ類の取り付け、ストーブ本体設置、ウッドデッキ組み立て、などが残っている。10月23日の引き渡しまでの完成が見えてきた。

 10月4日、2階の手摺り、便器・洗面・キッチンシンクの取り付けが終わったようで写真が送られてきた。9日に見に行くので大変楽しみだ。(写真は2階のトイレと廊下の手摺り)

2Fトイレ 2F手すり

2010/09/29

■ エコキュート工事

 2010年9月27日、エコキュートの工事が完了したので、以前にお願いしていた補助金の申請書類が送られてきた。申請の締切日があるので、催促したら早速届いたのだ。その書類の中の写真を見て驚いた。ヒートポンプの設備が外側に丸出しになっているではないか。D社長からは、ヒートポンプと貯湯タンクは外の駐車場の壁の内側に設置すると聞いていたので、外から見てスッキリし、見栄えがとても良く気に入っていたのだ。
 問い合わせてみると、ヒートポンプは、外気に触れるところに設置しなければならず、外とはいっても3方が壁の内側には設置できないので、そうしたとの説明があった。仕方がなかったが特に気に入っていた点なのでとても残念。(写真はエコキュートのヒートポンプと駐車場の裏側の様子)

エコキュート 駐車場裏
 
 工事が完成に近づくと、他にも色々気になるところが出てくる。その一つがエコキュートの貯湯タンクが設置されている一角の湿気対策だ。風の通り抜けがなく、いつもじめじめしてしまうのではないかと心配して、壁に風の通り穴をあけて欲しいと、D社長に相談してみた。そうしたら、この駐車場の板壁と、基礎から立ち上がっているコンクリートとの間にパッキンが入っており、すべてに2cmほどの空間があり、空気が通り抜けるので、その心配は要らないとの返事が返ってきた。なるほどそれなら心配はない。次回に確認してみることにした。(その後、D社長は、このスペースの敷地をコンクリート敷きに無料でしてくれた。これで湿気対策は万全だ)
2010/09/20

■ 引き渡し日確定

 2010年9月16日(木)、余裕を持って決めていた引き渡し日だったが、予想していた通り(?)、変更のメールが届いた。10月10日を、15日に伸ばして欲しいとのことだ。内装工事に入ってから進行が随分ゆっくりと感じていたが、やはりそうだろうなと思った。ここにきて急がしても仕上がりが心配なので、安全をとって更に延ばし10月23日にしてもらった。

 一方、工事の方は2階の壁紙が貼られたようだ。どちらの部屋も、一面のみ、鮮やかな青と緑の壁紙を指定しておいたが、出来栄えが気になっていた。
 写真を見ると、少し色が強いかなと思ったが、見慣れてくると鮮やかで感じがいい。D社長は、斬新な色合いになっていますと言っていたが、実際はどうなのだろう。1階の廊下の一部もオレンジ色を指定しているので、こちらも気になってきた。実際の色は写真とは印象が違うと思うので、早く現地で見たいものだ。
(写真は2階の2部屋の工事の様子)

青壁紙 緑壁紙

 次は、最初の引き渡し予定日だった10日に現地へ行く予定。完成間じかの最終チェックといったところだ。
 同時に、車で運べる程度 の荷物を積んでいくつもり。2階の収納がすでに完成して荷物を置いても支障ないようなので、運べるときに運んでおきたい。引き渡しのときは、布団などを運ぶので、車の中は一杯になりそう。完成したら、月に一度のペースで行くのがやっとだが、その都度、少しずつ車で荷物を運ぶ予定だ。
2010/09/06

■ 内装工事進行中

 2010年9月3日(金)、東京からの帰りに現場へ立ち寄った。気になっていた石積みの仕上がりを確認するためだ。心配していた北側の石も、見積もり通りの大きさで、写真で見た以上に、しっかり積まれていた。南側の隣との境界線も非常にきれいに仕上がっていた。これだと土が流れていくこともないと思われるし、境界もはっきりしたので後々のトラブルもないだろう。見た目にも随分きれいになった。
 たまたま隣のご主人がいたので立ち話をしたが、きれいに仕上がったので、恐縮しながらとてもよろこんでいた。指摘をいただいたおかげできれいになり、本当にやってよかったと思う。
 裏の木の枝半分が家にかかりそうになっているので、今のうちに切っておく方が言いということで、前回その半分の伐採をお願いしていたが、これもきれいに切れていた。これで一安心。
(写真は樹木伐採後の東側から見た工事中の家と、セットされた天井ファン)

樹木伐採 tenjoufan.jpg

内装の方はゆっくりだが進んでいた。内壁の下地、階段、薪ストーブの周りのレンガ積み、吹き抜けの天井ファンなどが取り付けられていた。
 でも、現場には9月末引渡しと言っているようだが、こんなペースで大丈夫なのだろうか。まだまだ作業がいっぱい残っている。キッチンや洗面などの作り付けの家具や、ウッドデッキなどの大工仕事もこれからだ。何しろ大工さんは一人なのでちょっと心配。私達は急がないのでゆっくりやって欲しいので、念のため10月10日引渡しということで話がまとまった。
2010/08/31

■ 土留工事完了

 2010年8月25日、南側隣接境界線の、土留めの石積み工事の写真が送られてきた。打合せ通りの石が、きれいに積まれていたので一安心。境界線から水や土砂が流れてくるのを気にしていたお隣さんにも満足してもらえそうだ。これで土地の境界もはっきりするし、見栄えも断然違う。予定外の費用だったが、やってもらってよかった。 駐車場前の北側にも石が積まれる予定で、これが終了すれば外溝工事が一通り終わることになる。



 8月31日、土留めの石積み工事が終わり、完成写真が送られてきた。南側の境界線はきれいに仕上がっている。大きな石の移動も、工事用ゴミ箱が邪魔で、はっきり確認できないが、打合せ通りの場所にきれいに配置されたようだ。
 一方、北側境界線の駐車所前の石積みは、石が少し小さく見える。D社長に確認すると、予定通りの60cmの大きさらしい。9月3日に東京出張帰りに立ち寄るのでその時に確認できる。