FC2ブログ
2020/01/25

■ 東京まで

 2020年1月25日(土)、昨日から1泊で東京まで行ってきた。昨日の朝はいつもより30分早い散歩だった。東の空が明けてくる。

20012501

 甲斐駒に朝日があたって輝いていた。

20012502

 八ヶ岳にも朝日があたる。

20012503

 散歩の後にごろすけを連れて車で東京に向かった。夜はいつもの研修会メンバーの幹事新年会だった。場所は竹橋の赤坂飯店。

20012504

 話に夢中で料理を撮るのを忘れてしまった。

 そしてごろすけの朝の散歩は、東京の住宅街には草むらがないので、少し歩いて野川を散歩してきた。

20012505

 ごろすけは慣れない家で寝たので少し寝不足のような目をしている。

2020/01/12

■ 大滝と乙女滝

 2020年1月12日(日)、蓼科の旅4日目の9日は朝からいい天気になったので、近くの蓼科大滝、横谷峡の乙女滝、白樺湖などに行ってみた。最初は蓼科大滝。ホテルから車で5分くらいのところにある。

20011224

 駐車場に車を停めて歩きだすとすぐに下りになった。下はアイスバーン。大変滑りやすいので慎重に降りて行く。

20011221

 下まで降りると今度は登り。木の根が絡まる歩きづらい道が続く。

20011240

 ゆっくり歩いても10分くらいで滝に到着。

20011222

 ここの東屋でごろすけを一枚。

20011223

 この後は昼食。ホテルの近くに焼き肉屋さんがあったので入ってみた。

20011231

 カルビのランチを注文する。久しぶりの焼肉なのでとても美味しかった。

20011232

 この後は横谷峡の乙女滝まで。車で15分程度で到着した。

20011225

 こちらは雪がなくて、上り下りも大変歩きやすい。

20011226

 そして、白樺湖にも行ってみた。スキー場が見えている。

20011227

 上から見ると湖の半分くらいが凍っているようだ。

20011228

 ホテルへの帰り道、八ヶ岳連峰の阿弥陀岳と赤岳が大きく見えていた。

20011229

 その右側には権現岳も見えている。どちらも北側なので雪で真っ白だ。

20011230

 近場の蓼科の旅だったが、温泉と雪、湖と滝など大変楽しむことができた。

2020/01/12

■ 雪の彫刻公園

 2020年1月12日(日)、今朝の夜明け前の空がきれいだったので家の窓から撮ってみた。最低気温は-2.2℃。

20011211

 朝の散歩で撮った南アルプス。寒そうな景色だが、風がないので散歩していると薄っすらと汗が出てくる。

20011209

 蓼科の旅行2日目の7日の午後は予報通り雪が降って来た。早めに帰ってホテルの部屋から外を見ていると、どんどん積もっていく様子が判る。

20011201

 夕方には小降りになったので、ごろすけを連れて散歩に出てみた。積雪は10cm位だろうか。白銀の世界が広がっている。

20011215

 ごろすけは大喜び。気になる匂いがあるのだろうか、毎回ここをチェックしていた。

20011202

 雪の彫刻公園に入ってみた。無料で開放されている。ライトアップされていて幻想的だった。

20011203

 駆け回るごろすけを立ち止まらせてパチリ。

20011204

 ライトに興味津々のごろすけ。

20011205

 ホテルのプールの水は真ん中だけ凍っている。

20011206

 その脇に雪だるまが4つ出来ていた。海外から来た家族連れのホテル客が造っていたのだ。

20011207

 隣の蓼科湖も雪景色に。

20011208

 旅先の雪もいいものだ。

2020/01/11

■ 蓼科湖

 2020年1月11日(土)、泊まっているホテルの裏に蓼科湖が広がっている。一周1kmの小さな湖だ。ごろすけとの朝夕の散歩に丁度いいので毎日のように歩いていた。初日には夕日が沈む景色に出会った。きれいだ。

20011101

 朝の散歩では静かな湖面に山が映ってとてもきれいだった。正面に見えるのが泊まっているホテルだ。

20011102

 真っ白になっている蓼科山にズームアップして見た。

20011103

 湖の周りは遊歩道がきれいに整備されている。

20011105

 7時45分、八ヶ岳から日の出がやっと見えてきた。我が家よりも30分は遅い。

20011104

 夕日の当たる景色も何とも言えない美しさだ。

20011107

 展望台からの眺めが面白い。

20011106

 しばし見とれていた。

20011108

 帰る日の朝焼けの風景。

20011109

 近くに少しぬるめの水が流れてきて池ができていた。温泉の湯だろうか。

20011110

 蓼科湖の冬の眺めにうっとりだった。

2020/01/10

■ 蓼科まで

 2020年1月10日(金)、6日から4泊で蓼科まで行き今日帰って来た。最初は諏訪まで行って買い物をし、諏訪湖でごろすけを散歩させた。遠くに富士山が見えている。

20011007

 湖畔で望遠カメラを持った人が7~8人集まって、木にカメラを向けていたので行ってみると、木の上にヒレンジャクが団体でとまっていた。冬鳥なので見る機会が少ないかもしれない。

20011006

 蓼科に向かう途中、八ヶ岳連峰がきれいに見えてきた。右から権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳と続く。

20011008

 畑では左義長の準備が整っていた。

20011009

 今日の宿は、いつものPVリロ蓼科だ。1年の残りのポイント消化のために近くだがやって来たのだ。

20011002

 ここはごろすけも部屋で一緒に泊まれるので助かる。早速部屋でくつろぐごろすけ。

20011004

 夕方の散歩で、ソーセージを売る店の裏に大きな豚の像を見付けて興味津々。

20011001

 このホテルは源泉かけ流しの温泉。内湯と露天の他に、ヒノキの樽かわり風呂で、天然ハーブ、天然鉱石、薬湯など3つの温泉も楽しめる。5日間温泉三昧だ。

20011005

 部屋で自由にできるので、いつもは寝ている時間なのに動き回るごろすけ。

20011003

 食事中は席から離れない。

20011010

 いつもとは違った経験を楽しんでいるようだ。

2019/12/07

■ 土肥温泉その2

 2019年12月5日(木)、土肥温泉旅行2日目もいい天気だ。朝の散歩は近くの松原公園を歩いた。ここにはギネスブックに認定された世界最大の花時計があった。

花時計19120701

 時計の直径が31mもある。ごろすけと一緒に見るとその大きさが際立つ。

花時計19120702

 この日は朝食を済ませた後、西伊豆の海岸をドライブすることにした。最初は山の方に少し走って西伊豆スカイラインを通って見た。達磨山の向こうに富士山がきれいに見えた。

西伊豆191207

 この山をちょっと登ってみたが、登山道は笹だらけで登りずらかった。少し後悔。

達磨山191207

 降りてきたところから戸田温泉の街並みが見えていた。

戸田温泉191207

 次は西浦を目指す。みかんの産地として知られているところだ。道路脇に無人の店があるので買ってみるとこれがとても美味しかった。

みかん191207

 ここからは海岸沿いのドライブコースだ。この日はいい天気で富士山の雪が輝いていた。海越しに見る富士山も格別だ。

富士山19120701

 しばらく走るとこの日の観光のメインの大瀬崎が見えてきた。駿河湾に突き出ている。

大瀬岬191207

 上空からの写真を見ると地形が良くわかる(写真はHPから拝借)。駿河湾に突き出た先の真ん中に神池がある。

大瀬埼191207

 車を有料駐車場に停めて、先端まで歩いてみた。ここはスキューバダイビングの名所としても名高いので、色々スクールが開かれているようだ。

ダイバー191207

 少し歩くと大瀬神社の鳥居が見えてきた。

大瀬神社191207

 この先が神池だが、ここからは100円の入園料をとられた。神池は直径100mほどの小さな池だ。

神池191207

 周りはすぐ海なのに、この池は淡水池で鯉がいっぱい泳いでいる。

ごろすけと鯉191207

 もう少し進むと小さな灯台が見えてきた。

灯台191207

 ここで富士山を背景にごろすけをパチリ。

ごろすけ富士山191207

 大瀬崎はビャクシン樹林でも知られているところで、130本余りが生育しているらしい。なかでもこの木は一際大きく御神木の立札が立っていた。

御神木191207

 海際に大きな鳥がとまっていた。クロサギだろうか。

クロサギ191207

 この後は戸田温泉で昼食をとり、恋人岬へ。恋人同士の願いが込められているのだろう。

恋人岬191207

 そして堂ヶ島まで足を伸ばしたが、風が強くなって海が荒れてきたので早々に戻って来た。

堂ヶ島191207.

 夕方の散歩の夕焼けがきれいだった。

夕焼け191207

 その後は温泉にゆっくり入り、夕食はこの日も「玉しげ」へ。鯵のたたきと地酒の伊豆山々、それと地魚フライが最高だった。

鯵たたき191207 地魚フライ191207

 そして翌日にゆっくりホテルを出て帰って来た。今回も盛りだくさんの内容でとても楽しい旅行になった。

2019/12/06

■ 土肥温泉その1

 2019年12月4日(水)、この日から義妹達を誘って2泊3日で西伊豆の土肥温泉まで行ってきた。御殿場駅で待ち合わせをしたので、中央道から東富士五湖道路を通って御殿場まで、殆んどが高速道路だ。途中山中湖近くになると富士山が大きく見えてきた。

富士山191206

 御殿場駅で合流した後は沼津の柿田川湧水公園へ。ここはもう数回来ている。富士山から湧き出るきれいな湧水を見ることができる。

柿田川19120602

 ここはカワセミが現れることでも知られているので、しばらく待ってみたが空振りだった。いつもここでボランティアで案内をしているおじさんが、昨日撮ったカメラの映像見せてくれた。

カワセミ191206

 湧水が流れる川に細い木が立っていたが、その木の真ん中から水が飛んでいた。どうなっているのだろう?

柿田川191206

 そしてこの日の宿泊は土肥温泉。

土肥温泉191206

 ごろすけも泊まれる会員制のホテルだ。でも入り口から部屋まではごろすけはキャリーカートで移動する。

ごろすけ191206

 部屋も和室には入れないので洋室から興味深く覗くごろすけ。

ごろすけ19120605

 ロビー横に犬の遊べるコーナーがあったのでしばらくごろすけを遊ばせた。ベンツに乗るごろすけ。あまり楽しそうではないが。

ごろすけ19120602

 このボールは何だと覗くごろすけ。

ごろすけ191206

 散歩は海岸沿いを歩く。丁度夕日が沈んで空が茜色に染まっていた。

夕焼け191206

 そして夕食は近くの割烹「玉しげ」へ。3軒ほど海鮮の店を調べていたが、ホテルの人に聞いてみるとここがお奨めだった。

割烹191206

 最初はまずビール。小鯛の酢漬けがサービスだ。

割烹19120602

 メインはお店の主人のイチオシの海鮮丼を注文する。9種類の魚が入っていて、新鮮でとても美味しかった。

海鮮丼191206

 アジフライもサクッと揚がっていて美味し~い。

アジフライ191206

 お酒は地元のあらばしり。

地酒191206

 ここはとても気に入ったので、明日もくることにして店を後にした。

2019/11/09

■ 小江戸「川越」

 2019年11月9日(土)、昨日は現役時代の研修会メンバーが集まっての懇親会だった。今回は小江戸「川越」を散策するコース。まずは先行メンバー5人が串カツ屋で昼から一杯。

串カツ191109

 その後10人が合流して川越の蔵造りの街並みを散策した。

川越191109

 ここの中心にある川越の象徴「時の鐘」。平日なのに人がいっぱいだ。

時の鐘191109

 川越の名物はいも饅頭。あちらこちらで売っていた。なかなか美味しい。

芋饅頭191109

 まつり会館も見学する。1台1億2千万円もする山車が展示してあった。

祭会館191109

 夕暮れ時の街並みに灯が入ると、どこか懐かしい雰囲気が漂う。

夕闇191109

 どうしても柴犬に目がいってしまう。人懐っこい柴犬だった。

柴犬191109

 そして宴会は街の中心にある割烹で。

宴会191109

 メイン料理はしゃぶしゃぶ。

しゃぶしゃぶ191109

 その後は川越で1泊して帰って来た。古い街並み散策と、美味しい料理、愉快な仲間との会話でとても楽しいひと時だった。

2019/10/28

■ 銀座まで

 2019年10月28日(月)、昨日から高校の同窓会があったので銀座まで行ってきた。集合まで少し時間があったので久しぶりに銀座をぶらぶらしてみた。銀座の中央通りが歩行者天国になっていて大勢の人で賑わっていた。

銀座191028

 あちらこちらで本格的なお茶が振る舞われている。

茶道19028

 日産のショールームがあったので覗いてみた。コンセプトカーが展示されていた。凄い車だ。

日産19102802

 これでは乗り降りは楽だが、狭い所ではどうなるのだろう。

日産191028

 そして今日の午後に八ヶ岳に戻って来た。午後の散歩は八反歩堰まで。田んぼではまだ天日干しが残っていた。

天日干し191028

 ここはごろすけも久しぶりで楽しそうだ。

ごろすけ191028

 青空をバックにもう一枚。

ごろすけ19102802

 銀座の散歩は刺激的でワクワクするが、八ヶ岳の散歩はのんびりしていて心が癒される。

2019/10/12

■ 山中温泉その3

 2019年10月10日(木)、山中温泉の旅3日目も朝からいい天気。朝日の入るホテルの部屋で3匹が仲良く記念写真。

3匹191012

 この日は越前大野市に寄ってから帰ることにして、ホテルを後にした。最初はすぐ近くの栢野の大杉を見学。樹齢2300年と言い伝えられている御神木で、国の天然記念物にも指定されている。

天覧大杉191012

 その後は越前大野城を散策。城のある亀山公園までは標高差80mの結構きつい登りが続く。

大野城19101201

 この日は天気が良く日差しがきついのでどっと汗が出てくる。ごろすけも少しバテ気味だ。

ごろすけ191012

 越前大野市の街並みが見えてきた。

大野城19101202

 やっと城に到着。雲海の上に浮かび上がる天空の城として知られているそうだ。

大野城19101204

 この後は越前大野市の街並みを散策。結ステーションの時計塔が目立っていた。

大野市191012

 七間町も歩いてみた。午前中には朝市が開かれていたが、もう3つの店しか出ていない。人もまばらだ。

ごろすけ19101203

 ここには四角いマンホールの蓋があった。珍しいのでごろすけとパチリ。

ごろすけ19101204

 伊藤順和堂本店ではいもきんつばが焼かれていた。食べてみるとこれがとても美味しかった。

いもきんつば191012

 その後は大野市を後にして、九頭竜湖を通って八ヶ岳まで戻って来た。途中の道の駅で休憩。恐竜が時々顔を動かし、口を開けて吠えていた。福井県は恐竜王国と呼ばれているのだ。

恐竜191012

 八ヶ岳には6時過ぎに到着。僅か2泊の旅だったが、盛りだくさん廻れて楽しい旅だった。大野市でゆっくりしたので予定よりも1時間遅れての到着だった。